スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ボブ・ディラン「欲望」

アイポッドに落とすため大好きなアルバムを引っ張り出していた
ディラン先生は基本レコードで集めてあるが何枚かはCDでももっている

これはその1枚
ついつい聴き入ってしまう
ラウドでクールで素なディラン

前に書いたブログを観ながら聴いてますねん



1. ハリケーン
2. イシス
3. モザンビーク
4. コーヒーもう一杯
5. オー,シスター
6. ジョーイー
7. ドゥランゴのロマンス
8. ブラック・ダイアモンド湾
9. サラ

imagesCADXRS97.jpg

1975年発表の大傑作です
このアルバムが「血の轍」と並んでディランの最高傑作であるという人は数多いでしょう
私も「ハイウエイ61」「ブロンド・オン・ブロンド」「地の轍」「欲望」が日替わりでTOPレースを繰り返しています

imagesCASEAF2Z.jpg

欲望は比較的にいつもCOOLな感じでさらっと聴こえるディラン先生の歌声ですが非常に感情移入されてるように聞こえてきます
非常にメッセージ色が強いと言うか・・・・・
ハリケーンなんかは歌いたい事を無理くり歌っている感がします
また、そこがリアリティがあって非常に良いのですがね

imagesCAXEE0Y3.jpg


ヴォーカル・コーラスは激しく荒い!ヴァイオリンは情熱的!そしてバンドは獣のように力強い感じ

歌詞も別れる直前の妻にあてたと思われる「オー・シスター」「サラ」などは感動してしまいます


TOPの「ハリケーン」、あまりにも有名無実の罪で収監されているボクサーに関するプロテスト・ソングですね

このシングル盤ですが22歳の時に当時のBABYがプレゼントしてくれました
E想いで~

yharike-n.jpg

曲が長いのでA面B面で1曲になってるんですよね







スポンサーサイト

2013/11/15 20:54 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

今宵の1枚  ボブ・ディラン「ナッシュヴィル・スカイライン」

カントリー・ミュージックに傾倒し、過去の作品からは想像もつかない美声で歌うという劇的変化が話題を呼んだ通算10作目。メロディアスな佳曲が多いのが特徴だ。1969年作品。


 nash4.jpg


1. 北国の少女(With Johnny Cash)
2. ナッシュヴィル・スカイライン・ラグ
3. トゥ・ビー・アローン・ウィズ・ユー
4. アイ・スリュー・イット・オール・アウェイ
5. ペギー・デイ
6. レイ・レディ・レイ
7. ワン・モア・ナイト
8. 嘘だと言っておくれ
9. カントリー・パイ
10. 今宵はきみと

nash3.jpg


このツルンツルンな爽やかなお口の恋人みたいなアルバムである
はじめて聴いた時は「ヤべ―!変な人のアルバム買っちゃった」「間違えた」と思ったもんです

しかしちゃんと聞くと名曲のオンパレード
まーこのアルバムの曲を他のテイク(LIVE等)と聴き比べるのも良いかも

nash2.jpg





2013/07/15 07:31 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

今宵の1枚  ボブ・ディラン「DYLAN」



Lilly Of The West
Can't Help Falling In Love
Sarah Jane
The Ballad Of Ira Hayes
Mr. Bojangles
Mary Ann
Big Yellow Taxi
A Fool Such As i
Spanish Is The Loving Tongue

imagesCA9LT3RP.jpg



1973年の69~70年ぐらいにかけて録音されたフォークソング集であります
当時の未発表集って感じですね
当時アメリカのCBSにはアルバム13枚分の未発表テイクが眠っていると噂になっていました
このアルバムはその1枚
もしディランがCBSと手を切ったらどうなるのかと・・・・
当時はいろいろ話題になっていたそうですね

imagesCAASNMAL.jpg

曲の方はジョーン・バエズのナンバーからプレスリー、ジョニーキャッシュはたまた、トラディショナルの民謡までアメリカンフォークを幅広くこなしています

録音の雰囲気もセルフ・ポートレート~ニューモーニングあたりの雰囲気ですね

傑作ですね

あんまり最近は見かけない様な気がしますね
このアルバム

imagesCAED5MPY.jpg






2012/11/27 18:09 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

今宵の1枚 ボブ・ディラン「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」

1965年度作品。トム・ウィルソンのプロデュースによる5枚目のアルバムは、ロック色を強めた出来上がりとなった。初の全米TOP40となった「サブタレニアン・ホームシック・ブルース」は、ラップスタイルのシングルで、アレン・ギンズバーグも出演した音楽ビデオも話題を呼んだ。また、「ミスター・タンブリン・マン」は、ザ・バーズがカバーし彼らのデビュー・シングルとして全米1位を獲得。フォーク・ソングにロック・サウンドを取り入れフォーク・ロック・スタイルと呼ばれるスタイルがここに生まれる。ラブ・ソングがチャートを賑わせる中、思慮深く時に主張し時に幻想的な世界を描く彼は異色な存在であったが、後のロックに大きな影響を及ぼしていくことになる。従来のフォーク・ファンからは歓迎されなかったアルバムであったが、売上は過去最高を記録した。

512pr7uPy-L__AA300_.jpg

1. サブタレニアン・ホームシック・ブルース
2. シー・ビロングズ・トゥ・ミー
3. マギーズ・ファーム
4. ラヴ・マイナス・ゼロ / ノー・リミット
5. アウトロー・ブルース
6. オン・ザ・ロード・アゲイン
7. ボブ・ディランの115番目の夢
8. ミスター・タンブリン・マン
9. エデンの門
10. イッツ・オールライト・マ
11. イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー

imagesCA2XME9Y.jpg

昨日から3日間の泊まり込み研修です
今2日目が終了
場所は品川
うちから1時間のとこ
まー
会社の行事なので仕方ないね
ホームシックになった時の1枚

ディランがロックへKISSをしたアルバム
A面はバンドが着いてロック・アレンジ
B面はアコースティック・サイド
この4曲は従来のディラン・フォークのエネルギーではない何かが感じられる気がする
後のフォーク・ロックの原型でしょうか

imagesCA5OLOE3.jpg

法律上ディランの60年代の最高作品は「追憶のハイウェイ61」「ブロンド・オン・ブロンド」である
定説であり、そのことを否定するひてゃいないでしょう

imagesCAAKI0NA.jpg

しかしこのアルバムも上記2作に劣らぬ名曲の数々
「ラヴ・マイナス・ゼロ」「マギーズ・ファーム」「ミスター・タンブリン・マン」「イッツ・オールライト・マ 」「イッツ・オール・オーバー・ナウ、ベイビー・ブルー」

このアルバムの価値は永久不滅

imagesCASV95O3.jpg








2012/10/17 20:58 | COMMENT(5)TRACKBACK(0)

今宵の1枚  ボブ・ディラン「スロウ・トレイン・カミング」

1979年作品。再生派キリスト教に入信したボブ・ディランが、キリスト教と深く関わる内容のアルバムを完成させる。彼の変容振りに慣れているはずにも関わらず、宗教に傾倒すると言うディランの大きな変化しかも突然の出来事に対して批判的な意見が噴出。しかしながら南部で活躍するジェリー・ウェクスラーとバリー・ベケットをプロデューサーに据え、当時新進バンドであったダイア・ストレイツのギタリスト、マーク・ノップラーをゲストに迎えてのタイトな音作りは歌にマッチしその世界に力と深みを与え、後に傑作アルバムの一つに上げられるようになる。シングル「ガッタ・サーヴ・サムバディ」はヒットし、ディランにとっての初のグラミー賞<最優秀男性ロック歌手>に選ばれた

93162b.jpg

imagesCA2FCFD9.jpg

1. ガッタ・サーヴ・サムバディ
2. プレシャス・エンジェル
3. アイ・ビリーヴ・イン・ユー
4. スロー・トレイン
5. ゴナ・チェンジ・マイ・ウェイ・オブ・シンキング
6. ドゥ・ライト・トゥ・ミー・ベイビー
7. ホェン・ユー・ゴナ・ウェイク・アップ
8. マン・ゲイヴ・ネームズ・トゥ・オール・ジ・アニマルズ
9. ホェン・ヒー・リターンズ

imagesCA2FCFD9.jpg

聖職者ディランの良い仕事の1枚

映画『ハイ・フィディリティ』でジャック・ブラックが、
「『ブロンド・オン・ブロンド』を持っていないなんて犯罪だぜ」
確かにそうです
憲法違反です
そんなディランの名作の1枚がこれです
ディランはキャリアで、とにかく傑作が多い
しかし、そもそもディランは、そんなに意気込んでアルバム製作をしているように感じない・・・
とにかく自然な感じで聴こえてくるアルバムが多い
大半の曲は一発録りで済まされている感じがする
レコーディングの出来・不出来はそのときどきでサポートしたミュージシャンとのコミュニケーションによるものなのか
まー何よりも彼の気分が一番でかいと思うが・・・・
しかし本作はディランの気合を感じる作り込まれたアルバム
「名盤」を作ろうとしたわけではないのだろうけど、何かをみんなに訴えたかったのであろう意気込みが感じられる、1枚
ディラン風ゴスペル・アルバムを作ろうとして、ミュージシャン魂を本気モードにした完成度の高い1枚
このアルバムン為に起用されたマーク・ノップラーのギターが見事
「スロー・トレイン」での彼のプレイは、ディランの想いを受けてを緊張感が伝わってくる「名演」の称号でしょう

Renaldo.jpg

全てが霊的な感情が入った名作ですね

slowtri.jpg







2012/08/01 22:31 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。