スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  クインシ―ジョーンズ「Gula Matari 」

クインシー・ジョーンズのA&M第2作。プロデュースはクリード・テイラー。前作同様R&B、アフロ、ゴスペルが一体となったクインシーらしい自由で驚異的なアレンジが炸裂!1970年発表。
演奏:クインシー・ジョーンズ(指揮) ヴァレリー・シンプソン(VO) ペッパー・アダムス(BRS) フレディ・ハバード(TP) アル・グレイ(TB) エリック・ゲイル(G) トゥーツ・シールマンス(G,WHISTLE) ハービー・ハンコック(KEY) レイ・ブラウン(B) ミルト・ジャクソン(VIB) 他

qincy.jpg

1. Bridge Over Troubled Water
2. Gula Matari
3. Walkin'
4. Hummin'

imagesCAPETW4U.jpg

マイルスが「ジャックジョンソン」でエレクトリックになりその1年後にクインシ―がエレクトリックになった
クインシ―ミュージックの第2章の幕開けアルバム
ラテンチック・アフロチックなリズムを取り入れて幅広いナンバーを取り上げている
「ウオーキン」なんかは聴きものです
ビッグバンドジャズの当時の新しい感じですね
メンバーも当時のニューヨークのミュージシャンの一流どころを集めており非常にゴージャスなアルバムとなっています
私も大好きなハービーハンコックの活躍が少ない気はしますが・・・・

imagesCAK1BHV3.jpg




スポンサーサイト

2013/09/12 21:31 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

今宵の1枚 Best of Nina Simone



1. I Loves You Porgy
2. Mississippi Goddam
3. The Other Woman
4. Sinnerman
5. Ne Me Quitte Pas
6. See Line Woman
7. I Put A Spell On You
8. Break Down And Let It All Out
9. Four Women
10. Wild is The Wind
11. Pirate Jenny
12. Don't Let Me Be Misunderstood

この人が私の知っているシンガーの中で一番SOULです

親しみやすい声
切なく人の声みたいなピアノ
そして匠の技と言える歌
そして素晴らしい楽曲

泣きたい時

笑いたい時

何時どの曲を聴いても熱くなってしまいます

本当に素晴らしいシンガーです
このシンガーを実は数年前まで聴いていなかったのです

人生損したと思った・・・・・・・・・・・・・・

ninasimone.jpg







2013/07/23 22:41 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

今宵の1枚「ジョン・コルトレーン」Coltrane: Rudy Van Gelder Series

ジョン・コルトレーン、1957年5月31日ののプレスティッジ録音でジョン・コルトレーンの初のリーダー作




1. Bakai
2. Violets for Your Furs
3. Time Was
4. Straight Street
5. While My Lady Sleeps
6. Chronic Blues

korut2.jpg

13才でクラリネットを始め20才でプロになったコルトレーン先生の初リーダーアルバム

第一線で無名のまま活動し下積みを積んだ10年間
29才(1955年)にマイルス・デイヴィスのグループに入りクローズアップ
その2年後に一旦マイルスバンドを退団して自分自身の初リダー・アルバムとしてプレステージ・レコードでレコーディングを行ったのがこの"コルトレーン"であり、お聴きのように美しい独自のコルトレーン・スタイルがこの本作です

その後ジャズ界のカリスマとして、不動の位置を確立
日本のどのジャズ喫茶へ行ってもコルトレーンの鳴っていないお店はありません

コルトレーンがカリスマに変身した最初のアルバムであります

korut3.jpg





2013/07/21 22:33 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

今宵の1枚  アニタ・オディ「This Is Anita」



1. You're The Top
2. Honeysuckle Rose
3. A Nightingale Sang In Berkekey Square
4. Who Cares?
5. I Can't Get Started
6. Fine And Dandy
7. As Long As I Live
8. No Moon At All
9. Time After Time
10. I'll See You In My Dreams
11. I Fall In Love Too Easily
12. Beautiful Love

anit2.jpg

究極の個性である白人NO1シンガーです
どんなテクニックや能力的にも打ち勝つ個性があり1つのスタイルを確立してまい究極のテクニシャンになっています
本作を聴くかぎりでは物凄い声量があるわけではない
決して他のシンガーと比べても安定した歌唱力って感じではない
しかしこの大姐さんのか細いハスキーヴォイスには酔っぱらってしまいます

自分の個性を最高に武器にしてしまった偉大な大姐さんの魂の1枚なのでしょう

ani3.jpg ni4.jpg






2013/07/18 21:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

今宵の1枚  NINA SIMONE 「Let It Be Me」



1. My Baby Just Cares For Me
2. Sugar In My Bowl
3. Fodder On My Wings
4. Be My Husband
5. Just Like A Woman
6. Balm In Gilead
7. Stars
8. If You Pray Right (Heaven Belongs To You)
9. If You Knew/Let It Be Me
10. Four Women
11. Mississippi Goddam
12. Baltimore

nina2.jpg

音質もあまりよくないせいか生々しく感じられる

たしかに60年70年の大姐さんと比べると声は出ていない感はあるがバンドとピアノの絡みはグッとくるもんがある
JAZZとして往年の姐さんの歌にしびれていた人はもしかしたら今一つなのかもしれないけどBLUESやロック畑の人が聴くとしびれてしまうでしょう
LIVE独特の緊張感の中名曲がスモーキーに流れて行きます

nina3.jpg





2013/06/24 21:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。