スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚    サラ・ヴォーン「アフター・アワーズ」


ご存知巷で流行のJAZZ名盤999シリーズで買いこんだ1枚です
落ち着いてしっとりとムードを楽しむ1枚です


1. マイ・フェイヴァリット・シングス
2. エヴリ・タイム・ウィ・セイ・グッドバイ
3. ワンダー・ホワイ
4. イージー・トゥ・ラヴ
5. ソフィスティケイテッド・レディ
6. グレイト・デイ
7. イル・ウィンド
8. イフ・ラヴ・イズ・グッド・トゥ・ミー
9. イン・ア・センチメンタル・ムード
10. ヴァニティ


内容紹介
マンデル・ロウとジョージ・デュヴィヴィエのふたりだけをバックに迫力満点なヴォーカル、微妙なニュアンスを歌いきる不世出のシンガー=サラの素晴らしさを改めて認識させる!

“ジャズ・ヴォーカルの女王”サラ・ヴォーンが全盛時代に残した代表作。
モダン・ジャズ・ヴォーカルの歌唱スタイルを確立したサラ・ヴォーンの30代半ばの名曲名唱集だ。
ここではギターのマンデル・ロウ、ベースのジョージ・デュヴィヴィエのみのシンプルな伴奏を得て、円熟の境に差し掛かるディープなヴォーカルを聴かせている。
「マイ・フェイヴァリット・シングス」は、ジョン・コルトレーンがちょうど取りあげ始めた頃の録音。 ●参加アーティスト:(vcl)サラ・ヴォーン、(g)マンデル・ロウ、(b)ジョージ・デュヴィヴィエ

スポンサーサイト

2011/02/28 20:16 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。