スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  リトル・フィート「Time Loves a Hero 」

広大なルーツ・ミュージックを独自の感性と手法で新しいロックン・ロールにまとめ上げ、世界のミュージシャン達へ決定的な影響を与えたリトル・フィートの人気6thアルバム



◆パーソネル
ローウェル・ジョージ:ギター、ヴォーカル
ビル・ペイン:キーボード、ヴォーカル
リッチー・ヘイワード:ドラムス、バック・ヴォーカル
ケニー・グラッドニー:ベース、バック・ヴォーカル
ポール・バリアー:ギター、ヴォーカル
サム・クレイトン:コンガ
◆ゲスト
ジェフ・バクスター、パット・シモンズ、マイケル・マクドナルド、フレッド・タケット
&タワー・オブ・パワー(ホーン・セクション)
◆プロデュース:テッド・テンプルマン
◆ジャケット・デザイン:ネオン・パーク
(1977年作品)

1. Hi Roller
2. Time Loves A Hero
3. Rocket In My Pocket
4. Day At The Dog Races
5. Old Folks Boogie
6. Red Streamliner
7. New Delhi Freight Train
8. Keepin' Up With The Joneses
9. Missin' You

rtf

リトルフィートのなかでは綺麗なアルバムっていう感じなのかな?
っと言う事は、完成度が高いアルバムという風にとる事も出きるかな
このバンドはなにもローウェルジョージ一人ではなく他のミュージシャンの個性が非常に出ている感じはしますね
確かに、ディキシーやシェーリン等は本当にスワンプの名盤として私も良く聴きますがローウエル兄貴のカラーって感じが強いですよね
このアルバムはメンバーのセンスが光っているというか、聴きやすくなっているというか・・・・
綺麗なLFって感じがしますね

rjf





スポンサーサイト

2011/09/30 22:26 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。