スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   ハンブル・パイ「Smokin」

ブリティッシュ・モッズ・バンド、スモール・フェイセスのヴォーカリスト、スティーヴ・マリオットと、ザ・ハードのギタリスト、ピーター・フランプトンによって結成されたスーパー・バンド。5作目のライヴ・アルバムを最後にピーターが脱退。スティーヴのブルース志向がより強くバンドのサウンドに反映されていき、英国産70年代ブルース・ロックを代表する存在になった。90年代にスティーヴとピーターによる再結成の機運が高まったが、スティーヴが不慮の火災によって焼死し、帰らぬ人となった。

内容(「CDジャーナル」データベースより)
大きな人気はないが好意を持たれていた’70年代のスーパー・グループ。スティーヴ・マリオットの黒人顔負けの熱唱と,ピーター・フランプトンの流麗なギター・ワークは,いまも耳を引きつける。『大地と海の歌』は’70年発表の3作目で,渋い味わいの英国R&Bとブギ・ロックが中心になっている。『スモーキン』(’72年)は,フランプトンが脱けたあとにつくられた6作目。当然ながらマリオットのワンマン・グループ的な性格は強まっており,彼がその後ひとりで黒人音楽の聖地巡礼の旅に出ることを示唆している



1. Hot 'N' Nasty
2. The Fixer
3. You're So Good For Me
4. C'Mon Everybody
5. Old Time Feeling
6. 30 Days In The Hole
7. A) Road Runner B)Road Runner's 'G' Jam
8. I Wonder
9. Sweet Peace And Time

hぱい

私マリオット兄さんの事などはあんまり詳しくないのですが、これは絶対に名盤だろう!
ブルースロックと言われてるのだろうけど「ROCK全体の中で」の名盤ですわ!

一発目の「Hot'n Nasty」であまりにカッコいいので吐きそうになった!
酔った勢いで聴くと腰抜かすぞ!
多分初めて聴くには最適な内容でしょう
マリオット兄さんのブルースフルな歌がジャニス姐さんに聴こえる時がある

こういうのを「黒い」って言うんでしょうね!
演奏も美味しいグルーブで文句ないっすね!

はっぱあい







スポンサーサイト

2011/11/30 21:09 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。