スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  フリートウッド・マック「聖なる鳥」

60年代末のイギリスで盛り上がったブルース・ブームを代表するバンド、フリートウッド・マック。『ピーター・グリーンズ・フリートウッド・マック』と『ミスター・ワンダフル』2枚のアルバムで、すでにその人気を確立していた彼らが発表したアルバム未収録のシングルを1枚にまとめた69年発表のアルバム(邦題は『聖なる鳥』)。ブルースに倣ったオリジナルはもちろんだけれど、やはり、天才ギタリストの誉れも高いバンドの中心メンバー、ピーター・グリーンの類稀なる才能が早くもブルースの枠を越えて発揮された「アルバトロス」「ブラック・マジック・ウーマン」といったヒット曲が一番の聞きどころ(後者は後にサンタナがカヴァーして、大ヒットさせた)。(山口智男)

内容(「CDジャーナル」データベースより)
本作より3人目のギタリスト、ダニー・カーワン加入。ピーター、ジェレミー、そしてダニーとそれぞれのギターの持ち味を生かして充実したインプロヴィゼーションが展開される傑作アルバム!




1. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(ヴァージョン 2/テイク2)
2. ランブリング・ポニー
3. アイ・ビリーヴ・マイ・タイム・エイント・ロング
4. ザ・サン・イズ・シャイニング
5. アルバトロス(あほうどり)
6. ブラック・マジック・ウーマン
7. ジグゾー・パズル・ブルーズ
8. ライク・クライング
9. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(ヴァージョン 1/テイク1,2&3)
10. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(ヴァージョン2/テイク1&2)
11. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(テイク3)
12. ニード・ユア・ラヴ・ソー・バッド(USAヴァージョン)

imagesCA4ULGT0.jpg

十字路で悪魔に魂を売ったであろうチームの3枚目
ブリティッシュブルースでこれ以上のものはありません
グリーンとスペンサーはBBキングとエルモアが一緒にロックバンドを組んだようなもの

このアルバムは69年8月にリリース
エルモアモドキからブラックマジックウーマンまでブリティッシュブルースフアンにはおなじみすぎるナンバーがつまっています

この後70年代に入るとPOP期に突入してアメリカでも大成功して行きます
まー大メジャーのマックも嫌いではないですが別物のバンドとして聴いてますね

やはりブリティシュブルースの大御所の頃が素晴らしいと思う人は沢山いるでしょうね

imagesCAF411T9.jpg





スポンサーサイト

2012/02/19 19:44 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

やはり

ピーター・グリーンは別格ですね
再起後は全く全盛期の面影はないですが・・・

No:805 2012/02/20 19:54 | kashipwee #qx6UTKxA URL [ 編集 ]

カシピー!
どうも!
やっぱこの頃に尽きますね!
この頃は別格すぎますね

No:806 2012/02/20 21:48 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。