スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ヴァン・ヘイレン「ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース」

2月から初代リード・シンガーのデヴィッド・リー・ロス(David Lee Roth)を迎えて再結成ツアーを行うことを発表、つい先日にはそのデイヴが 28年ぶりに参加した新作を発表し話題を呼んでいるヴァン・ヘイレン(Van Halen)だが、その再結成ツアーの前座をなんとクール&ザ・ギャング
(Kool & The Gang)が務めることが発表された。

“Ladies Night”、“Celebraion”などのヒットを生み、特に70年代から80年代にかけて活躍したファンク・バンドのクール&ザ・ギャングと ヴァン・ヘイレンとは異色の組み合わせだが、これはデヴィッド・リー・ロスの発案なのだとか。なんでも2011年にグラストンベリー・フェスで クール&ザ・ギャングのパフォーマンスをデイヴが観たことがきっかけだったという。
クール&ザ・ギャングのロバート“クール”ベル (Robert "Kool" Bell)は、素直に「驚いた」とオファーを貰った時の心情を明かしつつ、「面白い組み合わせだよね」と語った。
また、「我々のオーディエンスの大半は白人層だし、それに我々はデフ・レパード(Def Lepard)とかミート・ローフ(Meat Loaf)とかと同じステージに 立ったことも何度もある」と自信を込めて述べ、「心配はしていない」とも話している。




1. タトゥー
2. シーズ・ザ・ウーマン
3. ユー・アンド・ユア・ブルース
4. チャイナ・タウン
5. ブラッド・アンド・ファイア
6. ブレットヘッド
7. アズ・イズ
8. ハニーベイビースウィーティードール
9. ザ・トラブル・ウィズ・ネヴァー
10. アウタ・スペース
11. ステイ・フロスティ
12. ビッグ・リヴァー
13. ビーツ・ワーキン
vh

帰って来た超強力パワーロックンロール
デイブが復帰と聴いてあのJUMPのような腰の抜けたR&Rだったらどうしようと思いましたが新曲のクリップを観て「ヨッシャ!」と思った
聴いてみると往年のVHサウンド
華麗なタッピングとアレックスのデリカシーのないズンドコパワードラム
マイケルのベースの穴はシッカリとエディーのせがれがカバーしてる
まー日本公演が楽しみですね
初期のスケベさはベテランの貫録で埋めて本格的なパワーR&Rになってます
若い子は聴いた方が良いでしょうね

ヴぁんn


スポンサーサイト

2012/02/26 15:42 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

いいよ

ライブの映像観ましたが、かっこいいよ
バンヘイレンのアルバム1枚も持ってない俺が言うのもなんだけど(笑)
来日したら観に行きたいな

No:821 2012/02/27 18:51 | kashipwee #HfMzn2gY URL [ 編集 ]

カシピー
どうも!
1回武道館で見ましたがカッコいいライブ
今回はデイブのボーカルでパワーロック全快でしょう!
必見です!

No:823 2012/02/27 23:18 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。