スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ボブ・ディラン「ライヴ!1961-2000~39イヤーズ・オブ・グレート・コンサート・パフォーマンス 」

80年代後半から続けている{ネヴァー・エンディング・ツアー}の模様を収録した日本独自企画のライヴ・コンピレーション盤。2001年春は、ディラン旋風が日本に巻き起こる!

内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)
日本のみに許可された特別盤。来日記念とはいえこいつはすごいのがOKになったものだ。1961年(!)から2000年までのディランを全16曲のライヴ・テイクで聴いてしまおうというディランによる選曲もすごいが11曲が公式には未発表だったテイクなんだからなおびっくり。最初と最後に2000年の録音を配置してもまるで違和感のない、すべてがディランぶりに嘆息。60年代が5曲、90年代が6曲、70年代が3曲、80年代が2曲というバランスには多少不満もなきにしもあらずとはいえ、それだけここ数年のライヴ活動には魂こもっているということでしょう。トラディショナルへの敬意とはつまり、歌手としての原点/基本と常にともにあることの証しである。歌手なればこそ声で過去と未来を結び合わせることができるという喜び、つまり感謝の念によってこの39年分の空気が串刺しにされている。歌いながら息絶える人なればこそ。終わりなき昼と夜への音楽、の入口。 (湯浅学) --- 2001年03月号




1. サムバディ・タッチド・ミー
2. ウェイド・イン・ザ・ウォーター
3. ハンサム・モーリー
4. ラモーナに
5. アイ・ドント・ビリーヴ・ユー
6. グランド・クーリー・ダム
7. 天国への扉
8. 悲しきベイブ
9. 嵐からの隠れ場所
10. デッド・マン,デッド・マン
11. スロー・トレイン
12. ディグニティ
13. コールド・アイアンズ・バウンド
14. ボーン・イン・タイム
15. カントリー・パイ
16. シングス・ハヴ・チェンジド

bobdexi.jpg

私の中では因縁のアルバムです
発売当時前妻の誕生日か何かにプレゼントしたアルバムです
私に過ちがあり出て行かれた時にポツリと残っていたアルバムです

ddexirann.jpg

初期のソロ・コンサート
ホークスとのワールド・ツアー
事故後のステージ出演
ザ・バンドをバックにした全米ツアー
ローリング・サンダー・レビュー・ツアー
ゴスペル・ツアー
グレイトフル・デッド・ツアー
ネヴァー・エンディング・ツアー
フアンにはたまらない未発表多数のライブ盤
しかしその後私の家では「激しい雨」が降り「悲しきベイブ」状態になったのでした

ddexxi.jpg

しかしディラン先生はライヴ盤は結構日本びいきか?
武道館の発売などから過去にも日本向けの音源を発表している

とりあえずラッキーって事で・・・・・
天国への扉が胸にしみる






スポンサーサイト

2012/03/17 21:17 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/03/18 | まとめwoネタ速suru |

まとめteみた【「SNAKE」の・・いいことばかりはありゃしない・ぜ♪】

80年代後半から続けている{ネヴァー・エンディング・ツアー}の模様を収録した日本独自企画のライヴ・コンピレーション盤。2001年春は、ディラン旋風が日本に巻き起こる!内容 (「CDジャーナル・レビュー」より)日本のみに許可された特別盤。来日記念とはいえこいつはすごい...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。