スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  The Doors 「Morrison Hotel 」

絶大な影響力をロックの流れへ与え続ける伝説的バンド、ドアーズの円熟。衝動と反逆のスタイルの中にブルージーな刺激を放つ会心作。(1970年/第5作目)

全米アルバム・チャート:第4位
【プロフィール】
1965年米国ロサンゼルスで結成。バンド名はオルダス・ハクスリーの著書『知覚の扉』から。オリジナル・メンバーはジム・モリソン(vo)、レイ・マンザレク(key)、ジョン・デンズモア(ds)、ロビー・クリーガー(g)。66年エレクトラ・レコードと契約、67年にアルバム『ハートに火をつけて』でデビュー。アルバム収録の「ハートに火をつけて」が67年夏に大ヒットを記録。文学的な詞と個性的なサウンドでヒット曲・話題作を発表、またジム・モリソンのセクシャルなパフォーマンスによるライヴも評判となり、カウンター・カルチャーを代表するバンドとして高い人気を得るが、71年7月にジムが滞在先のパリで急死。残った3人で活動を続けるが、73年に解散



1. Roadhouse Blues
2. Waiting For The Sun
3. You Make Me Real
4. Peace Frog
5. Blue Sunday
6. Ship Of Fools
7. Land Ho!
8. The Spy
9. Queen Of The Highway
10. Indian Summer
11. Maggie M'gill

doooor.jpg

ドアーズの5thの泥臭いアルバム
ブルースロックが好きな方におススメしたいアルバム

ロビー・クリーガーのギターがグーンと前に出てます
3rdのタイトル曲でありながら本作に収録されている「太陽を待ちながら」

全体的に安定感があり腰の据わったアルバム
なんだかいつものドアーズとちょっと違う余裕も感じられる
デビュー約3年で円熟期に達した感じ
そして全曲ジム・モリソンが作詞を手がけた作品であることからのっていたんでしょうね

jimumorio.jpg

まーキーボード主体の独特の不安定さのドアーズも良いですがこの大物バンドの雰囲気のドアーズもかっこいいかな
10代後半で結構ハマったアルバムです!
今でもよく聴くモリソン兄さんです

mrioson.jpg









スポンサーサイト

2012/03/24 18:30 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

このアルバムは

ブルースロック度が高いですよね
どれかと言えば、私はやはり1STかな~

No:862 2012/03/24 20:35 | kashipwee #COk/PjQ2 URL [ 編集 ]

カシピー
どうも!確かに1枚目のインパクトは凄いですよね

No:863 2012/03/24 21:31 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。