スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  UA『turbo 』

一聴ダウン・トゥ・アース。色でいえば褪せたブラウンって感じで結構ゆるめ? と思いきや、これがじわじわキツくなっていく。山あり谷あり海ありで、やはり険しい。このサード・アルバムに先立ってダブを鍵としたUAだが、もはやそれが様式とか手法を超えて意志や姿勢のレベルに昇華している。今、彼女が紡ぎ出すすべてを繋ぎ止められる器としてのダブ、ということなのだろう。飢えと渇きの先にある蜃気楼みたいなオアシスに、歌の運命を託すような気概。そして肌触りがいたってネイティヴなのは、ハワイの伝著『時空のサーファー』に絆されたという波乗観にあるようだ。選ばれしダブワイズな楽曲(広義で)は、美空ひばりの(9)に、お馴染み朝本浩文、グリーン・ジニー(ケンジ・ジャマー+英国人2)、青柳拓次、花田裕之、それに初顔合わせ浅井健一/ブランキー・ジェット・シティの諸作。特に朝本の味付けは、ミュート・ビートのクールな精神を喚起させる。 (除川哲朗) --- 1999年11月号



1. プライベートサーファー
2. ロマンス
3. ランドリーより愛を込めて
4. 男と女
5. サマーメランコリック
6. ストロベリータイム
7. 午後
8. 乾く日に
9. リンゴ追分
10. ため息
11. 数え足りない夜の足音(pele dubwise version2)
12. ノハラソング
13. スカートの砂

uaua.jpg

UAちゃんの傑作
このアルバムが出てもう15年経つんですね
早いな・・・・・
良く聴きました
夜のハイウエイを一人で車を飛ばしているときに聴いてるとなんとなくセンチメンタル
大切だった人の事を思い出しちゃったりする憎いアルバムです

uuuaa.jpg

そういえば・・・・ストロベリータイム 浅健の曲だったですね

良い歌だな―――




スポンサーサイト

2012/10/12 13:50 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。