スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  Dr,フィールグッド「不正療法」

久しぶりに聴いた1枚

前のブログを引っ張り出した!

とんでもない邦題のセカンド・アルバム、不正療法。
渋ーいビートがジワジワ効いて中毒になっちゃう危険なアルバムなのだ!



[1] I Can Tell
[2] Going Back Home
[3] Back In The Night
[4] Another Man
[5] Rolling And Tumbling
[6] Don't Let Your Daddy Know
[7] Watch Tour Step
[8] Don't You Just Know It
[9] Riot In Cell Block #9
[10] Because You're Mine
[11] You Should't Call The Doctor (If You Can't Afford The Bills)

dokuta-----.jpg

75年発売の2nd
収録曲の半分がカバー曲です
が!!!
僕達が聴きたいのはWILKO JOHNSONの鋭いギターカッティングです
それがオリジナルだろうがカバーだろうが全然問題はありませーーーん
初期型フィールグッドはナニ聴いてもスカッとするぜ!

ちなみに、このアルバムの発売は1975年
ヴォーカルのリーは1952年生まれ、ということは当時23歳
ギターのウイルコは1947年生まれ、ということは28歳
風貌は充分親父だけど、でもまだこの時は20代だった

十分すぎるぐらい渋いジャンプ・ブルース・パンクです

drふぃええ







スポンサーサイト

2013/04/23 20:12 | COMMENT(4)TRACKBACK(1)

コメント

さすが

名盤ですがなかなか評価されませんでしたね~
ミッシェル~の登場で再評価の機運も少しありましたが
まぁ、世間の評判は関係なく、かっこいいですが

No:857 2012/03/23 06:54 | kashipwee #KkFBSZQw URL [ 編集 ]

カシピー
どうも!
まー渋いアルバムですからね
でも評価をしているのはフアンではない人たちでしょう
フィールグッドフリークは大好きですよ
このアルバムは!

No:858 2012/03/23 23:34 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

今晩は♪
自分もこのアルバムお気に入りです!
バンド少しでも演ったことあるひとなら、やってて楽しそうが満開のこれに惹かれますよね!
良いアルバムっす

No:1513 2013/04/24 21:53 | リュウ #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

リュウさん!

どうも!

R&R+BLUES+PUNK

絵にかいたようなバンドでした

BEATバンドのお手本みたいな存在

潔い迷いなしの演奏が最高ですね

No:1514 2013/04/24 22:11 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/03/23 | まとめwoネタ速suru |

まとめteみた【「SNAKE」の・・いいことばかりはありゃしない・ぜ♪】

とんでもない邦題のセカンド・アルバム、不正療法。渋ーいビートがジワジワ効いて中毒になっちゃう危険なアルバムなのだ![1] I Can Tell[2] Going Back Home[3] Back In The Night[4] Another Man[5] Rolling And Tumbling[6] Don

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。