スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  THE ROLLING STONES「Get Yer Ya Ya's Out 」

67年にツアーを止めたストーンズが69年にまたライブを再開して間もなくの69年11月27・28日のニューヨークでのライブを収録したアルバム

 imagesCAPQXP1U.jpg imagesCAUH3J5O.jpg imagesCA8VDUAO.jpg

1. Jumpin' Jack Flash
2. Carol
3. Stray Cat Blues
4. Love in Vain
5. Midnight Rambler
6. Sympathy for the Devil
7. Live With Me
8. Little Queenie
9. Honky Tonk Women
10. Street Fighting Man

imagesCA4ZPGV8.jpg

古いストーンズフアンはライブ全盛期は72・73年と言っている
私もその一人ですが・・・・・このLIVEがあっての72・73でしょう
テイラーが加入したばかりでキースとのコンビネーションも何処となくヨレヨレの感があるがそれがまた良い
ハイドパークではもっとヨレヨレだったので比べると雲泥の差に感じる
まーそこがたまんないコアな方もいるでしょうがね
このアルバムはなんてたってBLUESが良
キャロル・リトルクイーニ―などのチャックベリーナンバーは神懸かりの横ノリ系ビシッとストーンズグルーブ
まず日本人でこのような演奏は見たことない
しいて言えば村八分の演奏がおーーーっと!来ましたね!って感じです
"Love In Vain"と"Midnight Rambler"も聴きもの!Ramblerは確かにナスティーでは完全に悪魔に魂を売り渡したかに様な演奏だがここでは悪魔ではなく神になっている

Mランブラーで"かっちょいい~"と日本語の叫びが聞こえるのは有名。
村八分のチャー坊ではないかという説がある。
ちなみにこの日はジミやジャニスも観客として来ていたらしい

初めて聴いたストーンズのライブ盤
中学2年ぐらいだったか友人の兄貴のレコードで聴かせてもらった

やっとの思いで入手して擦り切れるぐらい聞いた

imagesCAEGZA6E.jpg

そういえば、この前秋葉原でセッションやったストーンズ仲間と今度はGet Yer Ya Ya's Out BANDやりたいな・・・
この中の曲はほとんど誰となく引き出してみなさんサラッとプレイしていたもんな
この内容でライブが出来たらいいな・・・・・
マー気が向いたらまた声かけて見よう

imagesCAI7U2CI.jpg

きっとライブよりその後の飲みの方が盛り上がるだろうけどネ!

まーしかし凄いアルバムがあるもんですね!
このアルバムが存在しなかったら世の中のストーンズ系バンド連中の大半は存在していなかったでしょうね

imagesCAPLCMMC.jpg











スポンサーサイト

2012/04/06 23:20 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

俺も

ナスティがオフィシャルでリリースされてれば決定ですが
どの時期も捨てがたい
レッツ・スペンド~も明るくていいし
まぁ最近はすごく良いとは思わないけど
やっぱりかっこいい
強いて言うなら、ビルがいないとね~

え、今これ聴いてます

No:888 2012/04/06 21:18 | kashipwee #0MXaS1o. URL [ 編集 ]

オフィシャルのライブ盤ではNo.1だと思ってます。
自分に取ってターニングポイントになったアルバムです。
このヨレヨレ感も出そうと思っても出せない、
この時期ならではの特別なものを感じます。

先日リリースされたオフィシャルブートの
『L.A.FRIDAY』もなかなかカッコ良いですよ。

No:889 2012/04/06 22:23 | 室姫 #- URL編集 ]

カシピー
どうも!
やはりナスティーが一番ですよね
LOVE YOU LIVEも神がかったテンションで結構好きです

No:890 2012/04/07 06:53 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

室姫さん
どうも!
『L.A.FRIDAY』ですか・・・・
聴いた事無いですね
オフィシャルブートってのも変な話ですが
聴いてみたいですね

No:891 2012/04/07 06:55 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。