スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 【追悼】 ボブ・ディララン&ザ・バンド「偉大なる復活」

又訃報が飛び込んで来ました。
ザ・バンドのメンバー一人レヴォンヘルムが亡くなってしまいました
あの独特のドラミングが聴けなくなるのが残念です
最近はウッドストックで若いミュージッシャン達とセッションをやっていたとのことでし
謹んでご冥福をお祈りします



1. 我が道を行く
2. レイ・レディ・レイ
3. 雨の日の女
4. 天国への扉
5. 悲しきベイブ
6. やせっぽちのバラッド
7. クリップル・クリーク
8. アイ・シャル・ビー・リリースト
9. エンドレス・ハイウェイ
10. オールド・ディキシー・ダウン
11. ステージ・フライト

1. くよくよするなよ
2. 女の如く
3. イッツ・オールライト・マ
4. ザ・シェイプ・アイム・イン
5. ホエン・ユー・アウェイク
6. ザ・ウェイト
7. 見張塔からずっと
8. 追憶のハイウェイ61
9. ライク・ア・ローリング・ストーン
10. 風に吹かれて

ida1.jpg

band1.jpg

1974年作品。通算17枚目となる本作は、1月3日から2月14日まで21都市で40回のステージをこなし65万人を動員した、当時史上最大のロックコンサートツアーとなったディラン/ザ・バンドのステージを記録したライヴアルバムです。この8年振りとなったツアーをまとめた今作は、ディランにとって初の完全ライヴ作品ともなりました。この2枚組の大作には21曲が収録されていますが、13曲がディランで8曲がバンドの演奏によるもので、それぞれの代表曲が並んでいます。ツアー最終日の録音が多いため、ディランの声はかなりハスキーさを増しているものの、充実した内容のアルバムに仕上がっています。


1974年にザ・バンドを引き連れて行ったツアーのライブ・アルバム
全米3位を記録
13曲がディランで、8曲がザ・バンド

ディランのこのツアー大音量のコンサートだったようで、「しんどかったらしい」
観客の感動も怒涛世のに伝わってくるライブ盤の傑作

「見張塔からずっと」はイントロを聴くだけで、興奮してしまう
ハイライトは「ライク・ア・ローリング・ストーン
力強い演奏、気力溢れるボーカル、パフォーマーとオーディエンスの交歓はめったに聴けるものではない
「how does it feel?」とうたうときの観客の歓喜を聴くべし

imagesCAGKYEZ7.jpg

このライブツアーは1974年1月3日から2月4日まで、全米21都市を40回あまりまわって行われたツアーのアルバム

コンサートへの応募が、1800万通を越したと言われていれ、観客動員数は65万8千

ディラン&バンドの絶頂記録です

imagesCAY7ZQ2A.jpg








ドン・リヴォン・ヘルム
沢山の音楽をありがとうございました
合掌







スポンサーサイト

2012/04/22 21:27 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

ディランとザ・バンドによるライブということで、
このアルバムは随分と舞い上がって聴いてました。
しかし残念ながら、いまだにカセットテープ(笑)

リヴォン・ヘルム、残念です。合掌

No:922 2012/04/22 23:44 | アナログおじさん #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

おじさん
どうも!
レコードで迫力の2枚組!
是非アナログで持っていたい名盤ですね
合掌


No:923 2012/04/23 05:48 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。