スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  デイヴ・エドモンズ「トワイギン」

タイトル通りデイヴのギタリストとしての魅力満載の6thアルバム。盟友ストレイキャッツとの共演やロックパイルのセッションや68年録音のプレスリーのカヴァーを収録



1. SOMETHING HAPPENS
2. IT'S BEEN SO LONG
3. SINGIN' THE BLUES
4. (I'M GONNA START)LIVING AGAIN IF IT KILLS ME
5. ALMOST SATURDAY NIGHT
6. CHEAP TALK,PATTER AND JIVE
7. THREE TIME LOSER
8. YOU'LL NEVER GET ME UP(IN ONE OF THOSE)
9. I'M ONLY HUMAN
10. THE RACE IS ON
11. BABY LET'S PLAY HOUS

imagesCAABD142.jpg

では・・・・・・
物凄いカッコイイ1枚のレコードを紹介
81年発表の5作目のデイヴ・エドモンズのアルバムでござんす
R&Rのレコードを語る時にこれがないと辛いぐらいカッコイイアルバムです
オールディーズやポップ調・カントリー・ロック調等R&Rを語るには必要な要素がつまっています
当然R&Rギターの達人であるエドモンズ兄貴のアルバムです
R&Rスピリッツ満タンのギターにはパプ・ロックのファンでも感謝感激間違いなしでしょう

imagesCAMSB80D.jpg

白人による黒人音楽の解体作業を完璧にこなして黒人にしか表せないグルーブ感を白人にしか表せないポピュラーな要素で完全にカバーしてしまい1級のR&Rを作った偉大な兄貴です
結構日本ではそんなに名前が出てきませんがR&Rギター少年はこの偉大な大先輩を聴いた方が良いでしょう

imagesCAV0WFI7.jpg







スポンサーサイト

2012/04/23 18:46 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。