スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 二ーナ・シモン「And Piano!」

ヴォーカリストとして有名なニーナ・シモンだが、ここでは完全なワン・ウーマン・プレイによる弾き語りで本領を発揮、彼女がRCAに残したアルバムの中でもっとも代表的な作品となった。ニーナの歌は、枯れた味わいで内面の強さを感じさせる

2003年4月21日、ニーナ・シモンはフランスのマルセイユ郊外で亡くなった。70歳。シモンという芸名はフランスの女優シモーレ・シニョレにあやかったもの。フランスで亡くなったのもなにかの縁なのだろう。ニーナといえば個人的に忘れられないのは、92年6月27日のカーネギー・ホール・コンサート。とにかく会場の雰囲気が異様で、アンコールを求める拍手は地鳴りがしていた。あれほど熱狂的なコンサートは、あれ以前もあれ以後も経験したことがない。それはともかく、68年に録音した本作はニーナを偲ぶには恰好の作品だ。なぜなら、もっともシンプルな編成であるピアノの弾き語り集だからだ。ニーナはクラシック・ピアノの名手でもあり、本作ではそのユニークなヴォーカルとともに、ピアノの妙技もたっぷりと聴くことができる。「私の音楽にはジャズよりフォークやブルースの要素が多かった」と彼女は自伝に記しているが、ここに聴かれる素朴で力強い歌声はジャンルを超越した魂の叫びであり、聴く者を感動させずにはおかない。合掌。(市川正二)

 51vnvWBMZ8L__AA300_.jpg

1. Seems I'm Never Tired Lovin' You
2. Nobody's Fault But Mine
3. I Think It's Going To Rain Today
4. Everyone's Gone To The Moon
5. Compassion (a/k/a Compensation)
6. Who Am I
7. Another Spring
8. The Human Touch
9. I Get Along Without You Very Well (Except Sometimes)
10. The Desperate Ones

nina12.jpg

危険なアルバム
それは・・・・・完璧な歌だからです
二ーナ大姐さんの魂の揺らぎが聴けてしまいます
ピュアなニーナ大姐さん
ゴスペル・ブルースをもろ感じるソウルアルバム
伴奏はみずから弾くピアノだけ
だからこそ際立つ大姐さんの歌
ジャジーな感じは大分下がっていますが・・・・黒人音楽の根っこの部分はもろ見えします

Everyone's Gone To The Moon ・・・・・みんな月へ行ってしまった
感動の嵐に間違いなし
大姐さんはとんでもない作品を残してくれた

ninaimonnn23.jpg




スポンサーサイト

2012/06/03 18:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/06/07 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【今宵の1枚 二ーナ・シモン「And Piano!」】

ヴォーカリストとして有名なニーナ・シモンだが、ここでは完全なワン・ウーマン・プレイによる弾き語りで本領を発揮、彼女がRCAに残したアルバムの中でもっとも代表的な作品となった。ニーナの歌は、枯れた味わいで内面の強さを感じさせる 2003年4月21日、ニーナ・シモン?...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。