スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ザ・キンクス「ステイト・オブ・コンフュージョン」

久々に大ヒットした「カム・ダンシング」を収録した83年の作品。この頃から再びイギリス的なサウンドへと変化が見られる



1. 夜なき街角
2. デフィニート・メイビー
3. レイバー・オブ・ラヴ
4. カム・ダンシング
5. プロパティー
6. 思い出のダンス
7. ヤング・コンサーヴァティヴス
8. ハート・オブ・ゴールド
9. 語り尽くせなくて
10. バーナデッティ

imagesCA6M2YE1.jpg

しかし!・・・・恐ろしくダサイアルバムジャケットである
80年代っぽい感じはしますが・・・・・・
後からキンクスに興味を持って後追いして行く人たちからは、後回しになる可能性が高いアルバムでしょう

しかし!内容は・・・・・GOODなんですよ!これが!また!
全編迷いなしのKINKS風ROCKです!
ブリティッシュビートを本当に強力にそして、カラフルにキンキーブリティッシュビートにした感じです

激しく重たいビートにローカルなキャッチーさを載せて疾走する感じ
聴いていて楽しくなるPOPな要素
でも何処となく、ローカルでデリカシーのない処が良いですね
音楽が好きな人よりもロックが好きな人が好むバンドです!

imagesCA74V3A9.jpg imagesCAFGUHRL.jpg








スポンサーサイト

2012/09/01 20:48 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

確かに

この辺のアリスタのアルバムは完全復活な感じでいいよね~
確かにジャケはさえないかもね~
予算削減なんじゃないのかね?
因みに、キンクスのスタジオ・コンクスタジオの前で
撮ってると思いますが
アルバムGive The People~も同じ背景だよ~(笑)
前まで行ったことあります

No:1117 2012/09/02 18:32 | kashipwee #HfMzn2gY URL [ 編集 ]

兄貴!
どうも!
キンクスのスタジオまで行った兄貴に一生ついて行きます

No:1118 2012/09/02 19:03 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。