スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  Little Willies

ノラ・ジョーンズが敬愛するウィリー・ネルソン、プレスリーのカヴァーからオリジナル曲(4曲)まで。ノラ独特のピアノとヴォーカルをフィーチャー

今もっともフレッシュなカントリーのアルバムはナッシュビルではなく、なんとニューヨークから飛びだした。冴えないがどこか暗示的なリトル・ウィリーズという名の単発バンドの作品だ。ウィリー・ネルソンに敬意を表してこう名乗った5人組は、大西部のスイング・バンドを聞き込んでおり、長い手足の一流ミュージシャンたちをバックに、催眠術に誘われるような最高の女性シンガーがフロントを務めている。その眠たげな女性ボーカルも、際だつ彼女のピアノも、驚くほどノラ・ジョーンズに似ている。それもそのはず、まさしくこれはジョーンズ本人で、ブルースにおけるカントリーの一面を探っているのだ。このグループの他のメンバーはリー・アレキサンダー(ベース)、ジム・カンピロンゴ(エレキ・ギター)、リチャード・ジュリアン(ギター、ヴォーカル)、ダン・ライザー(ドラム)。2003年、ニューヨークのロウアー・イーストサイドにあるリビング・ルームで、自分たちが子供時代に耳にして楽しんでいたクラシックなアメリカ音楽を演奏するために結成したものだった。だから活動は控えめで、商業的な期待をせずにレコーディングとプロモーションを地味に行っている。本作には、心がうずくほど甘い「Easy as the Rain」を始めとするオリジナルと、ハンク・ウィリアムズ「I'll Never Get Out of This World Alive」ウィリー・ネルソン「I Gotta Get Drunk」や「Nightlife」、クリス・クリストファーソン「Best of All Possible Worlds」、タウン・ヴァン・ザント「No Place to Fall」、そしてリバー&ストラー「Love Me」(エルヴィス・プレスリーで有名)のカバーを収録。このアルバムは隅々まで、わずかに酔っているような、酒場の専属バンドがクラブで生演奏をしているような感触を行き渡らせている。特に「Lou Reed」はダークなロッカーが参加した可能性のある"牛転がし"(牛を転倒させるいたずら)のおもしろおかしい武勇伝だ。その卓越した音楽の才能だけでなく、心の奥底にあった音楽を演奏する喜びを思い出した演奏者たちの、あふれるような高揚感が聞き手にも伝わってくる優れた1枚



1. Roly Poly
2. I'll Never Get Out of This World Alive
3. Love Me
4. It's Not You It's Me
5. Best of All Possible Worlds
6. No Place To Fall
7. Roll On
8. Gotta Get Drunk
9. Streets of Baltimore
10. Easy As The Rain
11. Tennessee Stud
12. Night Life
13. Lou Reed

imagesCABFKAFQ.jpg

先日ザ・バンドのリボンヘルム親分が逝ってしまった
その後、このアルバムを再確認
やはり素晴らしい・・・・内容ですね
別にバンドのメンバーはいませんが私の中ではザ・バンドのイメージが強いアルバム

最初に聴いた時「うそ!」と、思いましたよ
バンドじゃん・・・・・・流石だね、ノラ・ジョーンズ
並みの流行歌手頭ではないと思いましたが

遅れて後追いでこのバンドは聴きましたがこういう良質の音楽はレコードで持っていたいですね

imagesCAY1Q8I0.jpg








スポンサーサイト

2012/05/07 17:16 | COMMENT(2)TRACKBACK(1)

コメント

はじめましてクマ吉vowwowです
メタル好きの中3です
好きなメタルバンドは
ラウドネスですこれからもよろしくお願いします!

また来ます!!

クマ吉vowwow

No:942 2012/05/08 16:29 | クマ吉vowwow #- URL編集 ]

クマ吉さん!
どうも!
中3か!
ラウドネスはレイジー時代の宇宙船地球号から聴いてましたよ!
また、立ち寄ってくださいね~

No:943 2012/05/08 20:20 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/09 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【今宵の1枚  Little Willies 】

ノラ・ジョーンズが敬愛するウィリー・ネルソン、プレスリーのカヴァーからオリジナル曲(4曲)まで。ノラ独特のピアノとヴォーカルをフィーチャー今もっともフレッシュなカントリーのアルバムはナッシュビルではなく、なんとニューヨークから飛びだした。冴えないがどこか?...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。