スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ジミー・クリフ「ストラグリン・マン 」

定本リー”スクラッチ”ペリーを監修した鈴木考弥氏監修の”ルーツ・ロック・レゲエ~レゲエ・リイッシュ-10タイトル”が登場。そのうちのこちらはアイランド・レーベルでの最後のアルバムとなったジミー・クリフ自身のプロデュースによる名盤(1973年オリジナル発表)。アルバム後半のソウルフルなトラックはジミーの魂そのもの。ソウルフル・レゲエ大傑作

strug.jpg

1. Struggling Man
2. When You're Young
3. Better Days Are Coming
4. Sooner Or Later
5. Those Good Good Old Days
6. Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving You
7. Let's Seize The Time
8. Come On People
9. Can't Live Without You
10. Going Back West

imagesCADBLL6C.jpg

レゲエを軸に置きながら幅広い可能性の音楽を貫いているジミー兄貴の74年の傑作

スカッと抜けが良く軽やかに転がっていくリズムのレゲエミュージックにアメリカ南部の香りをミックスさせた本作はレゲエと言うよりブラックミュージックやスワンプロックの傑作と思えるぐらいの内容ですね
冒頭の“Struggling Man”からスコンスコンとした全体的な音の抜けと転がりは流石
中盤からはグッとアメリカ南部の風味を強く打ち出した曲が出てくる
デイヴ・メイスンのカヴァー“Can't Stop Worrying, Can't Stop Loving You”
ジミー兄貴の音楽というものへの取り組みの熱い姿勢を感じる
そしてレゲエとは違う感じのスタイルの曲をやっても、わざとらしくも嫌味にも感じさせずにしっかりと聴こえるとこが素晴らしい
もちろん全曲愚作なしの名作です

jimmycl.jpg








スポンサーサイト

2012/05/27 14:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(1)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012/05/28 | まとめwoネタ速neo |

まとめtyaiました【今宵の1枚  ジミー・クリフ「ストラグリン・マン 」】

定本リー”スクラッチ”ペリーを監修した鈴木考弥氏監修の”ルーツ・ロック・レゲエ~レゲエ・リイッシュ-10タイトル”が登場。そのうちのこちらはアイランド・レーベルでの最後のアルバムとなったジミー・クリフ自身のプロデュースによる名盤(1973年オリジナル発表)。アル...

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。