スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

日々の出来事




さてさて写真はサントリーさんからご厚意で頂いたSTONES BARのスターターキッドの一部です
缶バッジがいろんなのがあって友達にあげまくっています
気が付いたら俺のが無いなんて事の無いようにしないとですな

肝心のお酒はハッキリ言ってイマイチなきがします
カッコよく「ジャックダニエルのソーダ割り」「ジンのソーダ割り」「ウオッカのソーダ割り」なんかだと良いと思うのですが・・・・

まーせっかくなのでポスターは飾ってあります

さてお次は我らがALLIGATORのレディーエルモアことKUMI嬢のファイヤーバード自慢です

moblog_01bb64fc.jpg

ファイヤーバード (firebird)

実在の鳥
ボルチモアムクドリモドキ
アカフウキンチョウ (en:Scarlet Tanager)
ハヤブサ
架空の鳥
ベンヌ (Bennu) - エジプト神話
フマ (Huma) - ペルシア神話
フェニックス (φοῖνιξ) - ギリシア神話
鳳凰 - 中国神話
ジャール・プチーツァ (жар-птица) - ロシアの民話・伝承

ギブソン・ファイヤーバード (Gibson Firebird) は、1963年に発表されたギブソン社のエレクトリックギター。

1960年代、ギブソン社は1950年代後半に発売したフライングVとエクスプローラーの失敗、さらにライバル会社であるフェンダー社の躍進に焦りを感じていた。そこで、ギブソンはフェンダーに対抗するための新型ギターの開発を開始する。これが一般的なファイヤーバードモデルであるが、後述するノンリバースモデルと区別するために「リバースモデル」と呼ばれることがある。

デザインをカーデザイナーであるレイモンド・ディートリックが担当した。エクスプローラーをモチーフとしながらも、優美なボディ曲線が特徴的である。また、これのエレクトリックベース版モデルとしてはサンダーバードがある。ちなみにあのSNAKEもサンダーバード(ギブソン)を持っている

1965年に大幅なモデルチェンジが行われ、左右を反転させたようなデザインに全面的に切り替えられた。この「ノン・リバース」と呼ばれるモデルでは、ネックの接合方法がスルーネックからセットネックに変更されたほか、ピックガードが大型化されて、各モデル共通のボディ(リバースモデルでは、ピックアップのレイアウトによってボディ加工を変えている)となったことで、コストダウンが図られたが、フェンダーの市場を崩すほどの売上は確保できず、ファイヤーバードは69年に製造中止となる。しかしその後、オリジナルのリバースモデル復刻を望む市場の声に応えて何度か再製造され、結果としてギブソン社の代表的なモデルの一つとなった。

KUMIからブログで自慢してくれと言われたのでデカイ画像でアップした
もっとお化粧しておけば良かったのに・・・・・(・_・;)

ではファイヤーバードの達人「Clarence "Gatemouth" Brown 」を1曲



"Gatemouth"親分はのはノンリバタイプだけどね

ついでにブライアン&キースも


せっかくなのでジョニー親分で締め




スポンサーサイト

2012/06/26 23:47 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。