スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ザ・ローリング・ストーンズ「エモーショナル・レスキュー」

今日は吾輩の誕生日!

ご馳走食べながらレコード聴きまくってます
当然大親分達も1枚!

一番COOLな作品!
完成度高し!!!!!

 emonare5.jpg emore.jpg


1. ダンス(パート1)
2. サマー・ロマンス
3. センド・イット・トゥ・ミー
4. レット・ミー・ゴー
5. 悲しきインディアン・ガール
6. ボーイズ・ゴー
7. 孤独の中に
8. エモーショナル・レスキュー
9. 氷のように
10. オール・アバウト・ユー

imagesCAQ6BIU8.jpg

多分ブログで前に出したともいますがマタマタ聴いてみると、やはり名作ですね
サムガールスと刺青の男の間に出たアルバムなので意外と忘れがちな音楽フアンはいますがネットリのストーンズフアンは忘れない作品でしょう

imagesCAYAETWL.jpg

私がストーンズをリアルタイムで聴いたのはサムガールスが最初だったけどもうすでに発売後でミスユーが大ヒットしていた時なのでニューリリースを待ち焦がれて買った最初の1枚です

当時洋楽では「KISS」「AC・DC」等ハードロックやニューウエーブ系なんかも聴いていたが、やはりこのアルバムを聴いた時は大親分達の貫録に圧倒された
いきなり1曲目の「ダンス」
当時は表現できない不思議なカッコ良さにぶっ飛んだ
バックのパーカスがとにかくカッコイイ

サマーロマンスのバックで鳴っているタンバリンだか鈴だか、ずーっと「シャンシャン」言っているのにも
このセンスは尋常ではないと思った

そして「センドイット・トゥ・ミー」当時はまだレゲエというものにハマっていなかったがこの新鮮なビート
しかも楽しい感じを押し殺したような楽しい感じ・・・・
難しい表現
圧巻は「孤独の中に」まだ、ブルースにハマる前にこの曲では、当時何も困っていなかったが、なんだか
人生がぐにゃぐにゃになっていくような錯覚を起こした危険な歌

タイトル曲のエモーショナルレスキュー
ミック親分のファルセットと途中の語りの歌が当時ハードロック少年にはとてつもない大物歌手に思えた

当然インディアンガールやオールアバウトユーでは切ない思春期の少年には大人の恋に憧れるような感じがした

emre4.jpg

クールで楽曲はすべて完ぺきなストーンズサウンド

大人になりバンドをやってこういったアルバムを狙っても作れない
5人のハイセンスがずば抜けて出ている作品でしょう

まいりました・・・・・・・・・・・・・









スポンサーサイト

2013/10/01 20:14 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

私もリアルタイムでストーンズを聴いたのはこの頃で、
新譜として聴いたのは「 エモーショナル・レスキュー 」が初めてだったかもしれません。
なので、結構思い入れがありますし、実際いいですよね。

No:1028 2012/07/03 01:24 | アナログおじさん #- URL編集 ]

おじさん
どうも!
ダンスビートと音の隙間がカッコイイハイセンスなアルバムですね

No:1029 2012/07/03 22:53 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

遅くなりましたが、このアルバムはストーンズで初めて
発売日に買ったアルバムでした。
むしろこのアルバムでロックの勉強をしたかも知れません。
左右に揺れるギター・ソロがスゲエ!

No:1651 2013/10/03 20:12 | ヘタリカ #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ヘタリカさん

どうも!

俺もこれが予約して買った最初のアルバムです

クールでスカスカな緊張感が良かった!

特典のドデカポスターもなかなか意味深でよかったですね!

No:1652 2013/10/03 22:10 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。