スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  The James Cotton Band 「High Energy 」

ジェイムズ・コットン (James Cotton, 1935年7月1日[1] - )は、米国のブルース・ハーモニカ奏者、シンガー。マディ・ウォーターズのバンドのハーモニカ奏者として頭角を現し、その後ソロ・アーティストとして活躍している。1990年代半ばに喉頭ガンを患い歌うことが出来なくなったが、以降もバンドにヴォーカリストを迎えて精力的に活動を続けている

1996年には、アルバムDeep in the Bluesで初めてグラミー賞(ベスト・トラディショナル・ブルース・アルバム部門)を受賞している

 hejc.jpg

1. Hot 'N Cold
2. Chicken Heads
3. Hard Time Blues
4. I Got A Feelin
5. Weather Report (The Weather Man Said)
6. Keep Cooking Mama
7. Fannie Mae
8. Caldonia
9. Rock N Roll Music (Ain't Nothing New)
10. James' Theme

imagesCA7RIGOZ.jpg

ジャパンブルースカーニバルで見たコットンバンド
半端じゃなかった
踊れたぜ・・・・・・
最初にバンドのインストのファンキーブルース
曲が終わった瞬間すかさず「ピーーーーーーー」っとハイトーンの「ミシシッピーサキソフォン」の音!
そうスーパーブルースハープのコットン親分の登場!
その瞬間日比谷の野音はジュークジョイントと化したのだった!

本作は究極名盤の100%コットンに隠れてしまうがなかなかのFUNK BLUESです
まず!ボトムが良い
曲も良い!
70年代らしくファンキーな要素がつまっている
ホーンの入り方も時代にマッチしてコットンのハープとのバランスも良い
一聴の価値ありです
べ―シストはおいしいと思いますよ♪

ちなみにニューオリンズの仕掛け人、アラン・トゥーサンがプロデュース

なるほどねって、とこですね(^_-)-☆


imagesCAE5V7OK.jpg





スゲー組み合わせです


スポンサーサイト

2012/08/23 22:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

これは凄い組み合わせ

ありそうでなかったですね~

ファンク・ブルースの立役者ですからね~
このアルバムの前後のコットンは無敵ですね

No:1106 2012/08/24 20:07 | kashipwee #TQJJvfrU URL [ 編集 ]

カシピー
どうも!
ブルースハープって言ったら兄貴の事忘れられませんね!

キースとコットン奇跡の組み合わせですね

No:1107 2012/08/24 20:40 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。