スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 リッキー・リー・ジョーンズ「マガジン」

1984年発表のサード・アルバム
■プロデュース:リッキー・リー・ジョーンズ&ジェイムス・ニュートン・ハワード
■主要参加ミュージシャン:スティーヴ・ガッド/スティーヴ・ルカサー/ハジ―・フェイトン/ジェイムス・ニュートン・ハワード




1. グラヴィティへのプレリュード
2. グラヴィティ
3. ジューク・ボックスはご機嫌ななめ
4. マスト・ビー・ラヴ
5. マガジン
6. リアル・エンド
7. ディープ・スペース
8. ランアラウンド
9. ポープのテーマ (ロールシャッハ)
10. 無署名のペインティング|ウィアード・ビースト (ロールシャッハ)

rlj

リトル・フィートのローウェル・ジョージによって見出され、『浪漫』で79年にデビューしたリッキー・リー・ジョーンズ姐さん

今回の3枚目もJAZZ・ブルース・フォークを無駄なく料理してる好盤です
BGM感覚で聴いてるといつのまにかハマってしまい何度もリプレイしてしまいます

ちなみに声もそうですが
顔も結構タイプです





スポンサーサイト

2012/09/04 19:14 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

発売されてから今でも愛聴してます。
捨て曲無しの名盤ですね。
僕も声顔共にタイプです。

No:1123 2012/09/04 22:08 | 泥電 #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

泥電さん
どうも!
タイプですか・・・・・
恋のライバル出現ですかね(^^)

私は1枚目以降はけっこう後追いでしたね

No:1124 2012/09/05 07:55 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

この方

私も好きです

No:1125 2012/09/05 17:41 | kashipwee #EBUSheBA URL [ 編集 ]

Re: この方

カシピー兄貴!
どうも!
そうなんだ・・・・・・・

No:1127 2012/09/05 18:43 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。