スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  アイク&ティナ・ターナー 「nuff said」

■最高のファンク・ソウル夫婦デュオ、アイク&ティナ・ターナーの71年リリース盤。ティナの熱いシャウトに感動!

 DSCN9585.jpg

Side A------------------------------
1. I Love What You Do To Me
2. Baby (What You Want Me To Do)
3. Sweet Flustrations
4. What You Don't See (Is Better Yet)
5. Nuff Said (Part I)
Side B------------------------------
1. Tell The Truth
2. Pick Me Up (Take Me Where Your Home Is)
3. Moving Into Hip Style - A Trip Child!
4. I Love Baby
5. Can't You Hear Me Callin'
6. Nuff Said (Part II)

imagesCAAL9TIH.jpg

とにかく熱いグループ
ティナの熱いシャウト系ボーカルはどのアルバムを聴いても驚かされます
黒人グループなのに白人のロックをすんなり受け入れてカバーして自分達の十八番にしまくっていたバンドです
本作もズシッとしたボトムを中心にロックしているアルバム
しかしながらやはりブラックバンドらしいファンクな仕上がりになっています
スライなどと比べても明らかにFUNKバンドのイメージがついても良い内容です
しかしながらソウル色が濃いのはティナのダイナミック歌があるからでしょう
60S’70S’ロックが好きな人も楽しめる絶妙なROCK&SOUL&FUNKアルバムですね
大音量で聴いてほしい1枚です

imagesCALTB3SB.jpg




スポンサーサイト

2012/09/21 22:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。