スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  QUEEN「JAZZ」

1978年リリースの7枚目のアルバム。クイーンの多彩な持ち味をあますところなく収めた作品で、アップテンポのヒット・ナンバー「ドント・ストップ・ミー・ナウ」、ポップながら曲調が次々と変化していく「バイシクル・レース」、いんちきエスニック趣味全開の「ムスタファ」など、もう誰にも止められない、そんなやりたい放題のアルバムだ。それでいてどの曲も粒ぞろいで、一緒に歌えるキャッチーなメロディや英国人ならではのひねったユーモアが込められている。トップ・バンドの座に甘んじることなく挑戦を続けるスピリットがみなぎる力作だ。(山崎智之)



1. Mustapha
2. Fat Bottomed Girls
3. Jealousy
4. Bicycle Race
5. If You Can't Beat Them
6. Let Me Entertain You
7. Dead On Time
8. In Only Seven Days
9. Dreamer's Ball
10. Fun It
11. Leaving Home Ain't Easy
12. Don't Stop Me Now
13. More Of That Jazz

imagesCAEVI02I.jpg imagesCAGRBJ79.jpg

中学の英語のテキストで習う前に自転車は英語でバイシクルとこのアルバムで覚えました

私にとってクイーンのラスト盤って感じ
内容もクイーンがクイーンらしかった時代の総決算というべき傑作です
華麗なるレースまでの優雅なヨーロピアンなクイーンからアメリカを意識し始めた世界に捧ぐ、そしてJAZZ
クイーンらしい優雅さが何とか残った最終盤って感じ
初めてクイーンを知ったのはテレビの銀座ナウの洋楽コーナー
そしてこのアルバムが出て輸入盤を購入
付録の自転車に乗った集団女性陣のヌードポスターはヤバかった・・・・・・・・・
当時中学1年生位だったと思います
刺激が強い・・・・・・・・・・・・・・・・
思春期のチェリーボーイがロックと女は密接な関係なんだとわからされた記念すべきアルバムです

imagesCAIWWPXB.jpg


その後一応フラッシュゴードンのサントラまでは聴きましたが優雅さが無くなっていき自然と聴かなくなってしまったのです

しかし、今聴いてみるとやはりビートルズっぽいな!
やっぱブリティッシュなクイーンがカッコええ!

imagesCAJNTTP6.jpg

ひげの生えた短髪フレディーはイヤだ!



そういえば当時ラジオの洋楽番組での電話リクエストでKISSのピータークリスのソロシングルの「ドント・ユー・レット・ミー・ダウン」をリクエストしたら俺の名前でクイーンのドント・ストップ・ミーナウがラジオから流れたのを思い出します






スポンサーサイト

2012/10/30 21:40 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。