スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  Workin' With the Miles Davis Quintet

<1>では、レッド・ガーランドの美しいイントロに続いて、マイルスの絶妙なミュート・ソロが聴こえる。「卵の殻の上を歩くプレイ」と形容された、マイルス特有のデリケートな演奏だ。ハーモン・ミュートを効果的に使った演奏は、マイルスがバラードの名人であることをいや応なく印象づける。50年代のマイルスを代表するオリジナル<2>は、一転して力強く演奏されている。
デイヴ・ブルーベックの人気曲<3>は、再びミュート・プレイが冴える。マイルスのリズム隊は、鉄壁を誇った往年のベイシー楽団のリズム・セクションにならって、オール・アメリカン・リズム・セクションと呼ばれた。<6>はマイルスとコルトレーンが抜け、そのオール・アメリカン・リズム・セクションによるトリオ演奏である。
マイルスのマラソン・セッションは、1回目が56年5月で2回目が同年10月。その5か月の間に急成長したのが、当時伸びざかりだったジョン・コルトレーン。本作の録音は5月が中心で、<7>だけが10月に録音されたため、<7>ではコルトレーンの急成長ぶりをしっかりと確認できる。(市川正二)




1. It Never Entered My Mind
2. Four
3. In Your Own Sweet Way
4. The Theme (Take 1)
5. Trane's Blues
6. Ahmad's Blues
7. Half Nelson
8. The Theme (Take 2)

imagesCAHB2YRR.jpg

有名なプレスティッジのマラソン・セッションの一つ
ブルーのモノクローム写真が時代を感じさせてくれる
バラードの名曲をアレンジして、リラックス感も聴ければ、強いアタック感のジャズらしいスリルな曲も味わええれ
バラードとブルースの構成
このアルバムは派手さはない
しかしジャズの魅力を十二分に伝えてくれる
静のマイルスに対してコルトレーンのうねるような動的ソロが印象的である

maidebipq.jpg




スポンサーサイト

2013/01/09 21:23 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

マイルスは

ファンク期より前のほうが好きなんで
この辺がなじみます

No:1284 2013/01/12 00:41 | kashipwee #- URL [ 編集 ]

Re: マイルスは

カシピー
どうも!
実は私もこの頃の方がもってるんですよ
JAZZマイルスから入ったので

No:1285 2013/01/12 19:26 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。