スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

人格の危機 ニューヨーク・ドールズ



人格の危機

1週間しかない
彼女のダチと話したくない
気分のいい時に彼女の話を聞きたい、グッとくる内容のね


暑い中だったすべてのパーソナリティ危機についてはそのとおり
しかし、現在不満を爆発中

しかし、お前のtryinいくつかいじるとみんな手に入る
をwousしたいやつらもね
そしておモアがドジった時間を考える
悲鳴を上げるときに確認したときに叫ぶの回数を数える
お前がbutterflyinされているすべての回矛盾になった
( butterflyin )


暑い中だったすべてのパーソナリティ危機についてはそのとおり
しかし、現在不満を持って爆発しそう

お前はプリマバレリーナの春の午後に
月面でのhooowwwオオカミ男howlinに変更


汗だくののパーソナリティに危機がやってくる
何時でもう不満を持っている


すべてのcrossin指をすぐには母なる自然と
お前ののすべてを友達に鏡で見せる
すべては曲がり切った人格
人格がお前の心を曲げる
パーソナリティの印象は、
曲がり切った仲間達仲間達仲間達
人格の曲がり切った有名人
(テレビで見て確認したぜ)


暑かったパーソナリティクライシスはまさにそのとおり
挫折と苦悩のすべてだけど心配はいらない

パーソナリティクライシス泣かないで
パーソナリティの危機を止めないで


ココは人格
トークは、パーソナリティ


最近太っていた体調もR&R全盛期のころに戻り非常にフットワークが変わった
いろいろ精神的に追い込まれていた数年間だったが絶望の淵から蘇えった気分でいます
大切に思える堅気の女性もいるし

その堅気が問題の可能性はあるが・・・・

マー40代半ばで恋愛ごっこをする気もないので自然と行きましょう

もともと適当で淡白な面が多かった俺
最近は特にその面が復活している
結果主義
行動のプロセスも念入りに追いかける
結果ウエイトコントロールも出来たし考え方もソリッドになって来た

バンドも転換期
ブルースをロックとして表現して行き、ロックでブルースを伝えたい
レイボーンやジョニーウインター・ストーンズはいい例でしょう

40代半ばでLIVEハウスに出るなら俺のせがれぐらいの連中と対バンをしてブルースってロックの中枢神経なんだぜ!
テクノ・ハードコア・パンク・へヴィメタ
みんあブルースなんだぜ!
その部分を忘れたら空っぽのロックになるぜって事を教えたい

俺はマディもストーンズもJB今時のロックもみんな同じブルースに聴こえるDEVOですらそうだ

こういうのをSOULMUSICって勝手に解釈している

ジャンルじゃない

プレイヤーの背景である

本気で伝えるならちゃんとしたLIVEをこころがけたい

と、最近思うようになった







スポンサーサイト

2012/12/10 22:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。