スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 THE ROLLING STONES「STICKY FINGERS」

ついに決定しました

banner_tour.jpg

★公演スケジュール
2014年2月26日(水)、3月4日(火)、3月6日(木)
開場16:30 開演18:30(予定)
会場:東京ドーム

★チケット発売に関して
<ぴあ特別独占先行>
12/4(水)~12/16(月)11:59 0570-04-8007(抽選用)
12/16(月)12:00~3/6(木) 0570-02-9501(先着用)
【URL】 http://pia.jp/t/rolling-stones/
※先行予約は、GC席・S席のみの受付となります。

<チケット一般発売日> 2014年1月18日(土)

★料金
■S席:18,000円 ■A席:16,000円 ■B席:14,000円 
■GC席:80,000円 (税込・全席指定)
※GC席とは:「ゴールデン・サークル席」の意。ステージ花道を囲む限定数の良席です。

★お問い合わせ
キョードー東京 0570-550-799  

★公演公式サイト(日本語)
http://14onfire-japantour.com/

やってきますよ!大親分!

さーみなさん!
先行予約にGO!

並行してコネクションも検索!

それでは以前出した名作のブログを再演!

 imagesCA9371WK.jpg

imagesCA363LCX.jpg

1. ブラウン・シュガー
2. スウェイ
3. ワイルド・ホース
4. キャント・ユー・ヒア・ミー・ノッキング
5. ユー・ガッタ・ムーヴ
6. ビッチ
7. アイ・ガット・ザ・ブルース
8. シスター・モーフィン
9. デッド・フラワーズ
10. ムーンライト・マイル

imagesCA7H2OZZ.jpg

「ベガーズ・バンケット」、「レット・イット・ブリード」の60年代末の2作品は、ブリティッシュロックとしてのストーンズの頂点
そして70年代に入り黄金時代のスタート!
今さらこのアルバムに対して何も言う事なんかないでしょ

アメリカンロックとブリティッシュロックを奇跡的に融合したストーンズ風サザンロックの誕生です

アメリカンな心地よさとブリティッシュな暗さというか地味さというか・・・・
すんごくうまくブレンドされています
スエイのけだるいグルーブ
デッドフラワーズのカントリーフレイバー
キャント・ヒア・ミー・ノッキングのハイテンションなセッション風

imagesCAKZ68VE.jpg

そして黄金ストーンズの「ブラウンシュガー」「ビッチ」などバラエティーに富んだ名作です

はじめて聴いたのは中学生の時
とにかくブルースなんてもんはまだ理解していない時ですがこのアルバムは聴きましたよ
ユーガッタムーブやアイガッタブルースなど!
当時のブート画像の超キッタナイ映像を探して見たり、フアンクラブ主催のフィルムコンサート行ったりと
当時数少ないストーンズの映像などをよくチェックしていました

聴き始めの頃はエモーショナルレスキューが出たばかりの時期でベストヒットUSAなどでタイムリーなストーンズは見る事で来ました

10代後半でLIVEハウスに出演して20超えたぐらいかな・・・・
初めて吉祥寺の曼荼羅に出た時、ダチのバンドと対バンでクリスマスだったような気がするな・・・・
「スエイ」をやりましたね
若気の至りですが確かにやりました!

imagesCAMO6M3W.jpg

上記はスペイン盤のだったかな・・・・スティッキーですがLET IT ROCKが収録されています
まーマニアは持っていた方がいいでしょうね

このスペイン盤とオリジナル盤とCDで3枚持っています
レコードはもうボロボロなので普段はCDですね
でもやはりLPのジッパー下ろす時のあの興奮が大切ですね!

imagesCA704VP0.jpg







スポンサーサイト

2013/12/04 21:02 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。