スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 アルバート・キング「Albert」

アルバート・キングは6フィート4インチ(195cm)の巨漢だった。そして、フライングVから生み出される重厚なサウンドは、その巨体をさらに大きく感じさせる。左利きだった彼は、弦を張り替えずにそのままギターを抱え、下に向けて力を加えるのではなく、弦を引き上げるように弾くことによって独自のスタイルを創出



1. Guitar Man
2. I'm Ready
3. Ain't Nothing You Can Do
4. I Don't Care What My Baby Do
5. Change Of Pace
6. My Babe
7. Running Out Of Steam
8. Rub My Back
9. (Ain't It) A Real Good Sign

imagesCA508VBM.jpg

怪物とはこの親分の事を言うのでしょうね
幸いにも最後の来日公演は見る事が出来ました
BBキングとの共演でステージの目の前でモンスター級のプレイを見る事が出来ました
R&Rの親父でありブルースの後継者であった親分
アリゲーターでも取り上げたことあります

フライングVってとこが素晴らしいですね
右利きでもでも左利きでもシルエットが一緒ってとこですかね

alin.jpg

私がROCKに目覚めた時FVと言ったら
ポールスタンレイ
ルドルフシェンカー
マイケルシェンカー
その数年後
Jガイルズ
そしてアルバートキングとなったわけです

振り返るとFVベース欲しくなってきたな・・・・

imagesCASUU4K8.jpg








スポンサーサイト

2013/03/01 18:29 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。