スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ウイルコ・ジョンソン「VOLUME1&2」

イアン・デューリーの伝記映画、ジュリアン・テンプル監督のドクター・フィールグッドのドキュメンタリーの公開と、時ならぬパブ・ロック・リバイバルに沸くイギリスで満を持して発売されるパブ・ロック界を代表するギタリスト、ウィルコ・ジョンソンのセルフ・カヴァー(09年録音)によるベスト・アルバム。ブロックヘッズのメンバーでもある、ノーマン・ワット・ロイ(b)、ディラン・ハウ(ds)らともに円熟した男臭いロックを聞かせてくれます

51GdNxorLyL__SL500_AA300_.jpg 

ウイルコの兄貴のBEST盤2枚を購入した
車で聴いていたが涙が止まらなくなった
こんな凄いブルース聴いた事無いよ
昔から知っている曲ばかりだが・・・・
なんだか魂の再注入って感じで

1. サム・カインド・オブ・ヒーロー
2. バック・イン・ザ・ナイト
3. カイロ・ブルース
4. パラダイス
5. キープ・オン・ラヴィング・ユー
6. カム・バック・アンド・ラヴ
7. ホエン・アイム・ゴーン
8. アイス・オン・ザ・モーターウェイ
9. シーズ・グッド・ライク・ザット
10. ザ・ビューティフル・マドリレーナ
11. スニーキン・サスピション
12. アンダーニース・オリオン

wj3.jpg

1. オール・ライト
2. バーベッド・ワイアー・ブルース
3. ロクセット
4. ダウン・バイ・ザ・ウォーターサイド
5. ドクター・デュプリー
6. リヴィング・イン・ザ・ハート・オブ・ラヴ
7. ターンド21
8. アイ・リアリー・ラヴ・ユア・ロックンロール
9. アイ・キープ・イット・トゥ・マイセルフ
10. ザ・フック
11. トゥエンティ・ヤーズ・ビハインド
12. アウト・イン・ザ・トラフィック
13. シー・ダズ・イット・ライト

1月10日と16日に日本公演を行い、膵臓の末期がんであることを明らかにした元ドクター・フィールグッドのウィルコ・ジョンソンはイギリスでさよなら公演を4回行うことを発表している。

ウィルコは1月9日に末期がんにかかっていることを発表し、化学療法を受けないことを決意したことも同時に明らかにしている。ウィルコが副作用などが多いとされる抗がん剤治療などの療法を受けない決意をした理由は、可能な限りライヴを続けるためだとされている。

3月に行われる最後のコンサートについてウィルコのマネージャーのロバート・ホイは「イギリスでの最後の4回のライヴはこれまでの長いキャリアにわたって支えてきてくれたファンへのウィルコの心からの感謝の気持ちの表れとして行われるものです」と語っている。


wj1.jpg

最高の
ロックンローラー
最高の
パンクス
最高の
ブルースマン
ウイルコ兄貴が死を宣言!
そしてLIVEをやりぬくために延命治療なし!

年取ってバー辺りで枯れたブルース親父の傷の舐め合いとは大違いですな
金とってLIVEやるならこれぐらいの覚悟と本気な音楽への愛情が必要です

カミソリブルースギターのウイルコ兄貴の魂は絶対に絶やさない

まだ存命ですが尊敬します

wjj2.jpg

ALLIGATORは兄貴のビートとは違うが俺の中ではパブロックなんだぜ!
こびる事のないロックを約束します
あなたの血は絶やさない
BLUESは永遠です

wjj5.jpg












スポンサーサイト

2013/02/11 20:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。