スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 The Doors「L・A・WPMAN」

ジム兄貴のニヒルズムの極致的アルバム

imagesCALLLANK.jpg

1. The Changeling
2. Love Her Madly
3. Been Down So Long
4. Cars Hiss By My Window
5. L.A. Woman
6. L'america
7. Hyacinth House
8. Crawling King Snake
9. The Wasp (Texas Radio And The Big Beat)
10. Riders On The Storm

doola.jpg

サイケでブルージーなバンドというイメージが強いのですが
ファンクサウンドでアッと驚くタメ五郎です
ドアーズといえばレイ・マンザレクのオルガン~ピアノとジム兄貴の声に集約されるのですが
ギターが前に出る事でシャープでソリッドなロックになってます

imagesCA7JZZL7.jpg


通常はジム兄貴の「文学的」な詩と呪うようなボーカル
それをあおるオルガン
しかし、このアルバムは今までのドアーズのアルバムとは違う風に聞こえるかもしれない

非常に「ロック」です

imagesCALXE3PF.jpg

ジム兄貴の薬中状況がかなり影響しているのかもしれません
活動障害の中で本来の創作活動から原点回帰的な「ロックンロール」路線で新たなる決意的なものかもしれません

転んでもただでは起きない・・・やはりプロですね








スポンサーサイト

2013/03/08 20:56 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。