スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 デヴィッド・ボウイ「ザ・ネクスト・デイ」

り変わり行くロック・シーンの中で常に孤高の存在として時代の先端を突き進む、デヴィッド・ボウイ。長い沈黙の中、何の前触れもなく、突如、自身の66回目の誕生日1月8日に『リアリティ』以来10年ぶりの新作『ザ・ネクスト・デイ』のリリースを発表。通算30作目のアルバムは数多くの名盤を共に作りあげた盟友トニー・ヴィスコンティ・プロデュース。彼曰く「過去と未来を繋げる作品」であり「かなりロック」な作品、「ボウイの典型的な名曲を期待している人も、革新的で新しい方向を求める人も堪能できる内容」とのこと。謎のアートワークは名盤『Heroes』のジャケットを破壊するかのような斬新なデザイン。1stシングル「Where Are We Now」はボウイのベルリン時代を彷彿させるような透明感のある美しくそして儚い印象的なナンバー。ベルリン時代を思わせる印象深い映像である半人形、半実写のビデオも既に大きな話題に。「ボウイは、ポピュラー音楽文化が彼を最も必要としているタイミングに突然、最前線に帰ってきた」



1. ザ・ネクスト・デイ
2. ダーティ・ボーイズ
3. ザ・スターズ
4. ラヴ・イズ・ザ・ロスト
5. ホエア・アー・ウィ・ナウ?
6. ヴァレンタイン・デイ
7. イフ・ユー・キャン・シー・ミー
8. アイド・ラザー・ビー・ハイ
9. ボス・オブ・ミー
10. ダンシング・アウト・イン・スペース
11. ハウ・ダズ・ザ・グラス・グロウ?
12. セット・ザ・ワールド・オン・ファイア
13. ユー・フィール・ソー・ロンリー・ユー・クッド・ダイ
14. ヒート
15. ソー・シー (ボーナストラック)
16. プラン (ボーナストラック)
17. アイル・テイク・ユー・ゼア (ボーナストラック)
18. ゴッド・ブレス・ザ・ガール

davvid.jpg

往年のボウイフアンも新しいボウイしか知らない人も堪能できる
天才が帰って来ました!

ボウイは老けていなかった・・・・
俺達が老けていたのであった

こんなボウイが聴きたかった・・・・・
みんなそう思っていたはず・・・・・
もう諦めていたんだよね

レコード屋行って
へぇーボウイの10年ぶりか・・・
と、聞き流しそうになったらこのジャケットでしょう
反則!
買うしかないじゃん

と、ボウイの戦略にハマり半ば強引に購入して期待しないで聴いたら・・・・

神様・仏様・ボウイ様

「おかえりなさいませ・ボウイ様」です

ヤべ―1枚「毒花の天才」が帰って来た!大変だ!!!!!!

moblog_ff9fe971_convert_20130318211831.jpg
ヤべ―!って思ったSNAKE







おまけ

スポンサーサイト

2013/03/18 22:13 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

SNAKEさん。ようやくボウイを聴いた。
超キラーチューンは無かったが、正にニューウェーブで、
しっかりロックしていたし、フックもエナジーも衰えていなかった。
ただ、ツアーできるんでしょうか?66歳やで~。

No:1415 2013/03/21 19:53 | ヘタリカ #- URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ヘタリカさん

どうも!

なるほどですね・・・・・

実は私はボウイはNW的な感覚は全然ないんですよ

むしろSOULかFORK的な感覚なんです

基本的に歌物が多いイメージが多い感覚で昔から聴いています

ただ音の表現がR&Rをベースにしているけど

どこか退廃的で斬新で・・・・・

他とは違う展開や音が天才的な感じがしまして

「地球を売った男」「ジギー」「ハンキードリー」「ヒーローズ」「アラディンセイン」「スケアリーズモンスター」「ロウ」
今までの彼の名作どれを聴いてもアルバムを出すたんびに違うコンセプトで一貫性は全くありません
音的には・・・

でも雰囲気は全部同じ気がして・・・

しかしMTV時代ン突入してからのボウイはその聴いている方の想像力を高ぶるような音ではなくなってしまった

しかし今回のアルバムはその雰囲気が再現されているような・・・

特に「LOW」時代のボウイまで戻った気がします

ジャケはヒーローズだけど

マーこの人の音楽は100人聴いたら100通りの解釈がある音楽ですからね

No:1418 2013/03/21 20:55 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。