スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚    T. Rex  「Electric Warrior 電気の武者」

今日はボラン兄貴の誕生日!
グラマラスロックが生まれた日だ!

明日だったら俺の147歳の誕生日だったんだけどな!

化粧して酒呑もう!

  iizawa1_2.jpg

10代後半はT-REX・デビッドボウイ・ハノイロックス・NYドールズ等のグラム系ロックの影響をずいぶん受けた
このマークボランは特に影響を受けていたな
「GET IT ON」のプロモビデオでマークがミッキーマウスのTシャツを着ていてそれから良くミッキーTシャツを着るようになった
とくにディズニーにハマっているわけでもなくただ「マークがビデオで着ていた」だけの理由ではまった
会社の研修旅行でロスに行ったとき露店でミニーマウスのTシャツが売っていたのでそれを買って着ていたら白人の大男(まるでスタン・ハンセン)に「ユーアークレイジー」と絡まれてしまった
どうやら向こうでは「男がミッキー」「女がミニー」を着る風習があるようだ
私は怖くて全力で逃げた!






Electric Warrior

1. Mambo Sun
2. Cosmic Dancer
3. Jeepster
4. Monolith
5. Lea Woman Blues
6. Bang A Gong (Get It On)
7. Planet Queen
8. Girl
9. The Motivator
10. Life's A Gas
11. Rip Off
12. There Was A Time
13. Raw Ramp
14. Planet Queen (Acoustic Version)
15. Hot Love
16. Woodland Rock
17. King Of The Mountain Cometh
18. The T. Rex Electric Warrior Interview

きらびやかでド派手なルックス、中性的なムードをまとったヴォーカル
70年代UK音楽シーンを代表する「グラム・ロック」の申し子、マーク・ボランのイメージを決定づけた、T.レックス名義でのセカンドアルバムである。
シンプルなスリーコードのロックン・ロールの可能性を無限に広げることに成功した本作は、「ボラン・ブギー」とよばれるサウンド・スタイルが最も端的に表現されていた


20090827225027.jpgスタン・ハンセン

スポンサーサイト

2013/09/30 22:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。