スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ザ・クラッシュ「動乱(獣を野に放て) 」

メンバーの逮捕劇や裁判など、幾多の苦難を乗り越えて制作された2nd。プロデューサーにブルー・オイスター・カルトを手がけたサンディ・パールマンを迎えて制作された



1. セイフ・ヨーロピアン・ホーム
2. イングリッシュ・シヴィル・ウォー
3. トミー・ガン 試聴する
4. ジュリーはドラッグ・スクワッドで働いている
5. ラスト・ギャング・イン・タウン
6. 屋根の上の殺し屋
7. ドラッグ・スタビング・タイム
8. ステイ・フリー
9. ケチな野郎のスーパー・スター
10. すべての若きパンクスども

douran.jpg

前にもこのアルバムにはブログったと思いますが大好きなアルバムは何度でも載せちゃいます
それだけ聴く機会があるので
1枚目とロンドンこーリングの間のこのアルバムは確かにインパクト的には薄いかもですがサウンドは厚い!
ハードロック的な感じさえしちゃいます
ハードと言ってもピストルズ的ではないですがロック本来のスピリット的なハードさと言いますか・・・・

kuraa.jpg


まーロックに関係なく子供心にハード的なものを音楽にしたって感じですかね
中流階級の退屈なティーンエイジャーがビビッと来るアルバムなんですね

クラッシュ聴いて不良になったやつは世の中にイッパイいるでしょう
でも人に迷惑かけちゃ駄目だぜ!

全ての若きパンクスのみなさん

imagesCA0L0TB6.jpg






スポンサーサイト

2013/04/08 22:00 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

どこでどう間違えたか50歳のパンクロッカーになってしまった自分ですがクラッシュはハードロッカーだった頃から好きでした。

もちろん、これも持ってましたよ。
二枚組が発売されるという事で予約までして購入した「ロンドン・コーリング」は以前のアルバムより自分寄りに思えました。

そう思うと自分には最もクラッシュらしい一枚ですね。

No:1471 2013/04/09 20:56 | トイナナ #- URL編集 ]

トイナナさん

どうも!

クラッシュはこの次から2枚組・3枚組と非常に高価なアルバムになって行ってしまいしたね

そうしたことからこのアルバムは思い入れがあります

No:1472 2013/04/09 22:26 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。