スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

悪魔の手毬唄

『悪魔の手毬唄』(あくまのてまりうた)は、推理作家・横溝正史が著した長編推理小説

 atemama.jpg

昭和30年7月下旬、金田一耕助は1か月ばかり静養できる辺鄙な田舎を探して、岡山県警に磯川常次郎警部を訪ねた。磯川警部は耕助に、岡山と兵庫の県境にある寒村、鬼首村(おにこうべむら)[1][2]の温泉宿「亀の湯」を紹介する。磯川の話では、23年前の昭和7年、亀の湯の女主人・青池リカの夫である青池源治郎が殺害され、犯人と目される詐欺師・恩田幾三はいまだに行方不明だという。

亀の湯に滞在した耕助は、リカの息子の歌名雄、リカの娘・里子、村の有力者・仁礼嘉平、庄屋の一族の末裔・多々羅放庵らと顔を合わせる。美男子で歌が上手い歌名雄は村の人気者。旧家、由良家の娘で美人の泰子と交際していたが、嘉平の娘・文子はそれに嫉妬していた。それでも村の若者達は、村出身の人気歌手・大空ゆかりが里帰りするという噂で持ちきりとなっていた。実はゆかり(本名:別所千恵子)は、恩田が村の鍛冶屋の娘・別所春江に産ませた子供で、幼少時は「詐欺師で人殺しの子供」として周囲から迫害されていた。

一方、耕助は親しくなった放庵から、手紙の代筆を頼まれる。昭和7年、放庵の元を出奔した彼の5人目の妻・おりんが、復縁を求めてきたのだという。放庵の口述どおり、耕助は復縁を受け入れる手紙を書く。

耕助が亀の湯に滞在して2週間ほど経った8月10日。用事で山向こうの総社の町に向かう途中の耕助は、放庵の5番目の妻、おりんと名のる老婆と峠道ですれ違う。ところが、着いた先の総社の町で宿屋の女将・おいとから、おりんは昨年、すでに死んでいると聞かされる。驚いた耕助とおいとは放庵の草庵を訪ねるが、そこには放庵やおりんの姿は無く、来客があったことを伺わせる二人分の稲荷寿司の皿や濁酒の杯とともに、微量の吐血の痕が残されているのみだった。

8月13日、里帰りしたゆかりを囲んでの、村総出の歓迎会が催される。ところが、ゆかりの元同級生として歓迎会に出席するはずの泰子が見当たらない。夜を徹した山狩りの末、泰子は村内の滝つぼの中で絞殺死体となって発見される。遺体の口には、なぜか漏斗が差し込まれていた。滝の水が崖の途中に置かれた枡を満たした後、漏斗に注がれるような状態になっていた。 akumate2.jpg


泰子の通夜が行われた晩、今度は仁礼家の娘・文子が行方不明となり、翌朝に村内の葡萄酒工場の中で絞殺死体となって発見される。遺体の腰には竿秤が差し込まれ、秤の皿には正月飾りに使われる作り物の大判小判が置かれていた。

akutema.jpg

耕助や警察、村人が奇妙な姿の遺体に悩む中、泰子の祖母・五百子は村に古くから伝わる手毬唄を皆に歌って聞かせるのだった。

atema.jpg

たまに見る私の大好きな金田一シリーズの傑作

石坂さんの金田一シリーズに愚作はないです

全部見て撮ってありますがこの悪手まりも小学生の時に映画館で見てハラハラドキドキしたのを憶えています

akumate.jpg






スポンサーサイト

2013/04/11 21:59 | COMMENT(4)TRACKBACK(0)

コメント

こんばんは(#^.^#)
SNAKEさん、DVDで見たことがあります~♪

最後のシーンが…泣けるのですよね。
しくしく…( ; ; )

No:1475 2013/04/11 21:16 | ☆るい☆★ #ziwa4Zsw URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ルイさん

どうも!

おっ!見ましたか!

個人的には犬神家の一族がやはり最高ですがこれも良い!

全シリーズ見た方が良いですよ

No:1476 2013/04/12 04:45 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

お久しぶりです

僕も好きですね~、金田一シリーズ。

でも何故か西田敏行の『悪魔が来たりて笛を吹く』が一番好きだったりします。

No:1479 2013/04/14 00:21 | 泥電 #- URL [ 編集 ]

Re: お久しぶりです

泥電さん

どうも!

御無沙汰してます

ありましたね!そのシリーズも!

No:1482 2013/04/14 17:50 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。