スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  PATTERSON TWINS「LET ME BE YOUR LOVER」

70年代初期にKING/RONN/MALACOといったレーベルからリリースしたシングルがサザン・ソウル・ファンに高い人気を誇るソウル・デュオ、パターソン・ツインズ。彼らが78年にマイナーのCOMMERCIALからリリースした唯一のアルバム。そのレアっぷりに、長い間、知る人ぞ知るといった存在だった本作

41r+yuXZWAL._SL500_AA300_ (1)

1. Let Me Be Your Lover
2. He's A Loser
3. How Long Must The Show Go On
4. A Good Thing
5. Gonna Find A True Love
6. Funk Machine
7. You Give Me Someone To Love
8. Disco Dream
9. Gonna Find A True Love (Single Version)


1曲目カッコエエFUNKギターカッティング!
「Let Me Be Your Lover」威勢のよいアップで幕を開ける
そして70年代初期のサザン・ソウル・スタイルとは一線を画すのアーバン・メロウなスロウ・ナンバー「He's A Loser」で泣かに来る
How Long Must The Show Go On」は美しい印象的なコーラス入るスロウ・ナンバー
そして究極のモダン・ソウル「Gonna Find A True Love」
ファンク・ナンバー「Funk Machine」
奇跡の隠れ目盤

この前ディスクユニオンをぶらついていた時に完全にジャケ買いの衝動買いです
このSEXY姉ちゃん誰や?
声が聞きたくなりきっとFUNKなんだろうなーーー
電車で購入ジャケットを再確認
裏ジャケに脂ぎったオッサン2人!「おい!」よく見ればよかったと・・・・・

しかし家帰って酒飲んでPLAY!
良いじゃん!70sモダンソウルです!しかもDEEEEP!
好みですね!

おっさんえらい!

pts.jpg







スポンサーサイト

2013/05/16 22:04 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。