スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  TOMTOM CLUB

トーキング・ヘッズのドラムのクリス・フランツとベースのティナ・ウェイマスはトム・トム・クラブを結成し、トーキング・ヘッズが『Remain in Light』で導入したポリリズムの実験を押し進めた。バンド名を冠した本デビュー作で、この夫婦ユニットは、都会的で芸術的なニューウェーブの要素をミックスさせ、うち2曲をダンスフロアで大ヒットさせた。
「Wordy Rappinghood」はアートスクール・ラップの習作で、ファンク・ビートとシンセサイザーによる電子音の助けを借りて躍動感を生みだしている。見事な「Genius of Love」は、ジェームス・ブラウンに敬意を表した、スローでセクシーなファンクの傑作で、コール&リスポンスをくり返すボーカル、ラップ、陽気なメロディーを聴かせてくれる。「L'Elephant」にはピュアな喜びと遊び心があり、最高にヒップな託児所で歌われる童謡のようだ。彼らはドゥーワップの名曲「Under the Boardwalk」にも取り組んでいるが、これは単なる物めずらしさしか感じさせない。けれどもトム・トム・クラブは、トーキング・ヘッズの才人がデヴィッド・バーンだけでないことを見事に証明している

 tomutomu.jpg



1. Wordy Rappinghood
2. Genius Of Love
3. Tom Tom Theme
4. L'Elephant
5. As Above, So Below
6. Lorelei
7. On, On, On, On...
8. Booming And Zooming
9. Under The Boardwalk

tomutomutoto.jpg

トーキングヘッズからウェイマス夫妻がスピンオフして創った家族総出のファミリーアルバム
楽しいですよ

ヘッズらしく怪しげだけど心地よいリズムが鳴り響いています
ヘッズはデビッドバーンだけのバンドではないって事ですよ

普通の音楽はもう飽きたーーーーなんて方はおススメです

昔良く聴いていたのですがどっか行っちゃっていたアルバム
中古盤で500円だったので再購入

30年以上たっても新しいですね
むしろ今聴いた方が斬新でカッコイイ!

tomukura.jpg




スポンサーサイト

2013/05/20 18:59 | COMMENT(2)TRACKBACK(0)

コメント

うわ~懐かしい!
ありました、ありました。

こんなのありましたね。

No:1543 2013/05/20 21:08 | トイナナ #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

トイナナさん

どうも!

今聴くと斬新でPUNKです

楽しくなりますね

No:1544 2013/05/20 22:13 | SNAKE #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。