スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚ジェームス・ブラウン「Funk Power 1970: Brand New Thang 」

ハッキリ言って超強力盤!!



1. Get Up I Feel Like Being A Sex Machine
2. Super Bad (Parts 1, 2 & 3 (Mono Version))
3. Since You Been Gone
4. Give It Up Or Turnit A Loose (1970 Album Version (Undubbed Unedited Mix))
5. There Was A Time ( I Got To Move) (1996 Funk Power Version)
6. Talkin' Loud And Sayin' Nothing
7. Get Up, Get Into It, Get Involved
8. Soul Power
9. Get Up I Feel Like Being A Sex Machine
10. Fight Against Drug Abuse (Promo Single Version)

jbgodd.jpg

JB の重要な1時代の音を担った オリジナルJB’s がバックを担当した,1970年〜1971年の音源

キモです!これが!!
Bootsy / Catfish の Collins Bros. が在籍していたこの時期のスタジオ録音は少ないのです
本作もコンピアルバムですがまるででオリジナルアルバムのようにピタッとはまってます

jbgoddd.jpg

この時期の音はとんでもない程のグルーブを叩き出す Bootsy Collins のベース
痙攣ギターの鋭いカッティングの Catfish Collins のギター

もうそれしかありません!

良くあるパターンはギターとホーンとドラムスが一体となってグルーブを出してますが
本作では完全に Bootsy のベースが全てのグルーブを吐きだしてそこにギターやドラムスが乗っかって華を咲かせています
とにかく絶頂期のJBを堪能するならこれでしょう!

jngod.jpg






スポンサーサイト

2013/09/02 17:00 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。