スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  The Blues Brothers Band 「Live in Montreux」



1. Hold On Im Comin
2. In The Midnight Hour
3. She Caught The Katy
4. The Thrill Is Gone
5. Cant Turn You Loose
6. Sweet Home Chicago
7. Knock On Wood
8. Raise Your Hand
9. Peter Gunn
10. Soulfinger
11. Hey Bartender
12. Soul Man
13. Everybody Needs Somebody To Love
14. Green Onions

bb3.jpg

Eddie Floyd – Lead vocals
Larry Thurston – Lead Vocals
Steve "The Colonel" Cropper – Guitar
Donald "Duck" Dunn – Bass guitar
Lou "Blue Lou" Marini – Tenor saxophone, alto saxophone
Matt "Guitar" Murphy – Lead guitar
Alan "Mr. Fabulous" Rubin – Trumpet
Tom Malone – Trombone
Anton Fig - drums
Leon Pendarvis – Keyboards, piano, background vocals, musical director

1989年7月2日、Montreuxのステージに立った'新生'Blues Brothers Bandのライヴ!

その演奏についてはまさに折り紙付きの面々
だってそうでしょうね!クロッパー先生やダックダン先生ですから

恐ろしく安心して聴けるアルバムです

しかし大半のBBファンやジャーナリズムの多くは、このリユニオンに対してかなり手厳しい見方/評価をしていたらしい
確かにBBの奇跡の挑発的で傍若無人なパフォーマンスの興奮は無い

しかしながらR&Bやブルースを核とした本物の面子がやっている1級品のプレイです
BBにこだわらずにこのメンツでこのナンバーをやっている!
しかもハイクオリティー
それだけで良いじゃないでしょうかね!

ここでのMontreuxの乗りのいいオーディエンスを聴けばわかるでしょう
理屈じゃないのですよ!

普通に楽しみましょう!

bbs2.jpg





スポンサーサイト

2013/09/06 21:53 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。