スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ROSSO「DIRTY KARAT」

愚直なまでに字面通り、ハードでサイケデリックなロックを正面切って鳴らしている。引き合いに出したくなるのはレッド・ツェッペリン的なファンクネスや、ピンク・フロイドやドアーズに通じる陶酔の中の一瞬の覚醒感。悲壮ではない。何か重い泥に足を取られたままロールしようとする現実のロックだ



1. アウトサイダー
2. 1000のタンバリン
3. LEMON CRAZY
4. CHAD IN HELL
5. ハンドル・ママ
6. ピアス
7. TULIP
8. 動物パーティー
9. Sweet Jimi
10. 人殺し
11. 君の光と僕の影
12. 火星のスコーピオン

rooso.jpg

凄みを増したチバちゃんの喉をかきむしる歌と決定的なの存在感を持つ照井のベース!
そして他の二人のキャリアが物凄い緊張感を出している
演奏は申し分ない
BJCやMGEと比較したくなるのはわかるが明らかにそれらとは違うROSSO

ロックンロールしかできない不良の音が響いている

rrosso.jpg

君にロックンロールを!

それしかない!ぜ!

rossso3.jpg




スポンサーサイト

2013/09/18 20:23 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。