スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

追悼  Coney Island Baby



イギリスの「ガーディアン」やBBCもルー・リード氏の代理人の声明を引用して情報を確認した。

死因については明らかになっていないが、AP通信は「肝臓に関連した慢性的な病気」としている。

ことし5月には、慢性的な肝臓疾患をわずらい、救命のための肝臓移植手術を受けていた。また、リード氏は制作した楽曲の中で自身のドラッグ中毒やアルコール依存症についても明らかにしていた。そうした過去の数十年にわたる飲酒やドラッグが体におおきな代償を負うことになった。ベルベット・アンダーグラウンド時代の名曲「ヘロイン」の歌詞で、彼はこう記している。

 ヘロイン それは私の死因 ヘロイン それは私の妻であり 私の人生
ルー・リード氏はヴェルベット・アンダーグラウンド、そしてソロ活動のギタリスト、シンガー、ソングライターとして著名なミュージシャンだ。リード氏はアメリカ文化に多大な影響を及ぼした。それは音楽のメインストリームに前衛音楽とポップアートを取り入れたことである。彼がアンディ・ウォホールと共に制作した作品は、現代カルチャーでもっとも重要なコレボレーションの一つとして知られている。

l2.jpg


ヴェルベット・アンダーグラウンドが60年代に商業的成功を収めることはできなかったが、その後の数十年間にわたり、その知名度はとてつもなく広がっていった。雑誌「ローリング・ストーン」は1996年にヴェルヴェット・アンダーグラウンドのファーストアルバムを「オールタイムベストアルバム」の13位に選定し、ロックの殿堂入りを果たした。

リード氏のもっとも知られた楽曲として、「僕は待ち人」「サテライト・オブ・ラヴ」「ヘロイン」「パーフェクト・デイ」「ペイル・ブルー・アイズ」、そして「ワイルドサイドを歩け」などがある。

リード氏は1942年ニューヨーク・ブルックリン生まれ。幼少時代の大半をロングアイランドで過ごした。彼はバイセクシュアルだとされ、10代の頃に電気ショック療法を受けている。

2008年にはパフォーマンス・アーティストのローリー・アンダーソンと結婚している。

リード氏のファンや友人がTwitterで哀悼の意を表している。

l3.jpg

『悪魔の詩』の著者で、作家のサルマン・ラシュディ氏は「我が友人ルー・リードが歌を歌い終えた」「非常に悲しいことだ。しかし、ルーよ、君はいつもワイルドサイドを歩いていくんだ。つねにパーフェクト・デイだ」と述べた

l4.jpg

LOUの兄貴が亡くなった・・・・・・・・

初めてLOUにハマってから30年近くたつ
もう1回生REED観たかったな・・・・・・・・

VUのバナナレコード
無愛想で見ちゃいけない物を観たような傑作
ベルリンはまるで映画のようなアルバム
コニーアイランドは生なましいLOUの生きざまのR&R
様々な名盤名作名曲名ジャケを送り出した兄貴です

LOUのレコードを持っていないロッカーは嘘っぱちと思って30年
俺の周りには一人もいないな!多分・・・・
最悪でも2~3枚はカセットに録った

訃報のニュースを聞いた時いろんな事を思い出した

どのアルバムも思い入れがある
まさに俺のR&R人生に大きく影響した超重要アーティスト

グラサンがにあって無愛想でクールで
ギターのストラップが世界で一番高いパンクスだ!

l5.jpg

今でもほぼ2~3日おきに兄貴のLPをターンテ―ブルに載せていた
何十年も聴いていたロック

最近の作品までスタイルを貫いていた
バナナから今まで何にも変わっていない

尊敬してます

有難うございました

l6.jpg













スポンサーサイト

2013/10/28 21:14 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。