スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   パット・べネター【Precious Time】



思春期のロック少年のハートをわしづかみにしたパット姐さんです
中1ぐらいの時だったかな?
当時のアイドルは「クリッシーハインド」「シーナ」「デボラハリー」そしてこの「パットベネター」でした
中でもハードロックをやっているパット姐さんはSEXYでよかったな!
しかしその後徐々に消えてしまうのでした

このアルバムはパット姐さんの中でも1番お気に入り
2曲目は女性ハードロックの真骨頂だったのでは?
もっと評価されても良いと思いますね

1. Promises In The Dark
2. Fire And Ice
3. Just Like Me
4. Precious Time
5. It's A Tuff Life
6. Take It Any Way You Want It
7. Evil Genius
8. Hard To Believe
9. Helter Skelter

imagespb


パット・ベネター (Pat Benatar 1953年1月10日生、本名パトリシア・アンジェイェフスキPatricia Andrzejewski) は、グラミー賞で4回受賞している経歴を持つ、アメリカの有力なロック歌手である。1970年代、当時はまだ女性のハードロッカーが少なかった時期に活動を始め、1980年代には世界トップの女性ロックミュージシャンに輝き、現在に至る。本名パトリシア・アンジェイェフスキ。ニューヨークのブルックリンにあるポーランド人街のグリーンポイントで生まれる。3歳のときにロングアイランドのリンデンハーストへ引っ越した。そこでポーランド系アメリカ人の父アンドリュー・アンジェイェフスキは板金工場を経営、ニューヨーク市立オペラで歌った経験があるアイルランド系アメリカ人のミルドレッドは美容師として働き、父の成功で一家は比較的裕福であった。少女時代のパトリシアはロック音楽に魅了されたが、厳格で保守的な両親はクラシック音楽、オペラ、演劇は薦めたもののパトリシアがロックに関わることを禁止した。

彼女のスマッシュヒットは1985年の「Sex as a weapon」。 だが、ヒットした際、このタイトルのみが先行して広まり、女性団体から有害指定を受けたことがある。実際にはこの前に「Stop use the」が付くため、逆に女性団体のキャンペーンソングになるような内容だった。

250px-PAT_BENATAR_2007-09-07.jpg


スポンサーサイト

2011/03/21 18:08 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。