スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   J.ガイルズ・バンド「Anthology」



20061221_24621.gif

ディスク:1
1. Cruisin' For A Love
2. Homework
3. Looking For A Love
4. It Ain't What You Do (It's How You Do It!)
5. The Usual Place
6. Cry One More Time
7. Dead Presidents
8. Give It To Me (Single Mix/Edit)
9. Southside Shuffle
10. Make Up Your Mind
11. Gettin' Out (Single Edit)
12. Detroit Breakdown
13. Givin' It All Up
14. Must Of Got Lost (Single Edit)
15. Believe In Me
16. Love-Itis
17. Where Did Our Love Go
18. Peanut Butter
19. Surrender

jgeils.jpg

ディスク:2
1. Sno-Cone (Live)
2. Wait (Live)
3. Hard Drivin' Man (Live)
4. First I Look At The Purse (Live)
5. Pack Fair And Square (LIve)
6. Whammer Jammer (Live)
7. Musta Got Lost (Live)
8. Start All Over (Live)
9. Houseparty (Live)
10. I Do (Live)
11. Just Can't Wait
12. Love Stinks
13. Night Time
14. Flamethrower
15. Centerfold
16. Freeze-Frame
17. Sanctuary
18. One Last Kiss
19. Teresa

初めてJガイルズを聞いたのも中学生で「ベストヒットUSA」で堕ちた天使のVTRを見てカッコEとファンになりました

しかし改めて聴いてみると初期の荒々しいBLUESとR&RがカッコEですね
POPなヒットメーカー時代と聴き比べるにはもってこいのCDです
付録のブックレットも良い感じ!
初めてJGを体験するならおススメです

38曲を収録したCD2枚組セット『The J. Geils Band Anthology』は、ディスク2の最初の10曲が全ライヴ録音であり、曲は年代順になっていない。そのライヴを聴くと、このバンドが国で最もエキサイティングなブルースロック・バンドだったころ、どんな演奏を聴かせていたのかがよくわかる。この6人組は舞台ではブルースの限界を広げ、スタックス、モータウンからジャックハマーのようなリズム、絶叫するソロまで、すべてを盛り込んでいる。そしてそのロードハウス・パーティ的な姿勢は、スタジオ録音の一連のヒットソングにも受け継がれている。(Geoffrey Himes, Amazon.com)

j-geils-band-pictures-1974-ds-3005-017-l.jpg

全てのアルバム(ライブ含む、ラストアルバムからはなし)からの曲を網羅した本物のベスト。時代に隔たりなく彼等の魅力が余すところなく詰めこまれている。未発表曲などはないがそれは問題ではない。「堕ちた天使」しかしらないファンもこれを聴いて本物を味わって欲しい。中途半端なベストを買うなら、そしてどのアルバムから買おうか迷っている人にはコレが一番お薦め。お腹一杯になりまっせ (よし坊さん)

スポンサーサイト

2011/03/31 20:27 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。