スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚   RCサクセション「BLUE」

61I6Xr8gS8L__SL500_AA300_.jpg

今日は「ドン・清志郎」の命日でしたね・・・・
本作、私が中学生の頃発売され、強烈な衝撃を受けた名盤。未だに愛聴している。ラプソディ”“プリーズ”とともにRC黄金SOULの決定盤のひとつ。
一曲目からぶっ飛び、一気に聴けます。
ロックバンドとしてのRCでは最もオススメしたい作品です。

img6d5ecdbdzik8zj.jpg

1.ロックン・ロール・ショー
(作詞・作曲 - RCサクセション)
ハイハットが効果的に入るドラムスのイントロに重く引きずるようなギターリフが絡んでいる。
2.Johnny Blue
(作詞・作曲 - 忌野清志郎・仲井戸麗市)
古井戸時代の仲井戸の「飲んだくれジョニィ」を改作。
3.多摩蘭坂
(作詞・作曲 - 忌野清志郎)
東京・三多摩地区に新たな名所[1]を作ることとなった。
4.ガ・ガ・ガ・ガ・ガ
(作詞・作曲 - G忌麗)
歪んだギターの音にハモンドとホーンが絡むRC解釈によるR&Bナンバー。
5.まぼろし
(作詞・作曲 - 忌野清志郎)
自殺した忌野の同級生の「幻」を歌った曲。自分の中の「神」に早く近くに来てくれと呼びかけている。
6.チャンスは今夜
(作詞・作曲 - 忌野清志郎・仲井戸麗市)
RCで初めて仲井戸がリードボーカルをとった曲。チャック・ベリーを彷彿させるシンプルなR&R。ライブでの定番のナンバーとなる。
7.よそ者
(作詞・作曲 - 忌野清志郎・仲井戸麗市・奥津光洋)
8.あの娘のレター
(作詞・作曲 - 忌野清志郎・仲井戸麗市)
シングルカットされる予定だったが、歌詞中の「ポリ公」という表現がレコ倫に引っかかりリリースすることができなかった。本アルバムの中では該当部分にノイズが被せられ、歌詞カードでも伏字となっている。ただし、欄外に「■ ■ ■ この部分、職業差別用語に繊細な感受性をお持ちの方々の御意向を汲みまして、レコードでは割愛させていただきました。なお、ライブでは勝手に使わせていただきますので、ご不満のお残りの方は、コンサートに来てお楽しみ下さい」と人を食ったようなRC独特の表現で経緯と対応が記されている。

rc_titlephoto.jpg









kunitachi-TamaranZaka_a.jpg
清志郎 永遠なれ・・・・・・・・

スポンサーサイト

2011/05/02 18:36 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。