スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ザ・ ビートルズ「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 」

ライヴ活動を停止した彼らが、今までにないほどの時間と労力を費やして作りあげた傑作アルバムである。
<1>からブランクなしに<2>に入っていったり、<12>に<1>のリプリーズが入っている構成などから、ロック史上初のコンセプトアルバムともいわれている。サウンドの多様さも従前のアルバムとはけた違いで、オーケストラやブラスバンド、インド楽器なども駆使した音絵巻に圧倒される。いわゆる「オトナ」の鑑賞にも堪える作品として、ロックの社会的地位を向上させたアルバムでもある。(星野吉男)



1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
4. ゲッティング・ベター
5. フィクシング・ア・ホール
6. シーズ・リーヴィング・ホーム
7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
8. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
9. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
10. ラヴリー・リタ
11. グッド・モーニング・グッド・モーニング
12. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプライズ)
13. ア・デイ・イン・ザ・ライフ

私が最初にこのアルバムを聴いたのは中学生時に友人の兄貴のレコードを聴かせてもらったのではないかな?
当時ロックに目覚めて「KISS」「RC」「ストーンズ」が私の全盛期でこのアルバムの印象はビートルズは何曲か知っていたが「なんだ?こりゃ」でした
まだ、サイケとかにハマる前で確かに芸術的には凄いのかもしれないがイマイチだった事を覚えています

数年後、ストーンズのビトゥイン・バトンズ等を聴いてこのアルバムを再び聞いたら「スゲー!」
ビートルズがミュージシャンから「アーティスト」になったアルバムなんだなーーーーーーーーーと、
納得!
今ではビートルズの中でLPとCD両方持っている唯一のアルバムです

091110_img_02.jpg


スポンサーサイト

2011/06/02 20:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。