スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  エルビス・コステロ/アラン・トゥーサン[River in Reverse]

コステロとアラン・トゥーサンによるニューオリンズ・テイストの激渋アルバム。文句なしの名盤と思います。




1. On The Way Down
2. Nearer To You
3. Who's Gonna Help A Brother
4. Sharpest Thorn
5. Tears
6. River In Reverse
7. Freedom For The Stallion
8. Broken Promise Land
9. Ascension Day
10. International Echo
11. All These Things
12. Wonder Woman
13. Six Fingered Man

Amazon.co.jp
『ザ・リバー・イン・リバース』はエルビス・コステロとアレン・ツーサンによる活気に満ちていてとてもソウルフルな新アルバムだ。ツーサンの注目すべきカタログからの7曲が含まれている。コステロとツーサンが作った新曲が7曲と、コステロが作ったタイトルトラックの新曲が一曲収録されているアルバムのセッションは去年暮れにハリーウッドとツーサンの故郷ニューオーリンズのピエティ・ホール・スタジオで2週間というすさまじい期間で収録された。ジョー・ヘンリーがプロディユースしたこのアルバムは、コステロのバンドのインポーターズをツーサンのホーンセッション(アマディー・キャステネル、ジョー・スミス、サム・ウィリアムズ、ブライアン・カヨーレ)とギターリスト(アンソニー・ブラウン)の音を匠に融合している。ツーサンはインポスターズのキーボードのスティーブ・ニーヴと共にアンサンブルをピアノでリードし、ハモンドB3に引き継がせた。トラックのほとんどが時々ギターをミックスに足しながらコステロが生で歌い、グループの全メンバーが揃って作られた。コステロは、『ニァー・ツー・ユー』、『フリーダム・フォー・ザ・スタリォン』、『ティァーズ・ティァーズ・アンド・モァー・ティァーズ』等、ツーサンのカタログの奥底から厳選してある。アルバムはまずツーサン作の『フーズ・ガナ・ヘルプ・ブラザー・ゲット・ファーザー』のリードボーカルで始まり、他の数曲はコステロとベースのデイヴィー・ファラガーとで交替でボーカルラインを務めている。全てのホーンのアレンジは、ツーサン独特のスタイルで表現されていて、アルバムに『第2のタイトルを与えている』コステロが一人で描いた唯一の曲で、タイトルトラックでもある曲の中でのコメントから。レコーディングが始まる直前に二人はニューヨークで一ヶ月間缶詰状態で曲と歌詞を作り上げ、当時の実りはアルバムの4曲として収録された。曲作りのコラボはコステロがツーサンのロングヘアー教授の『ティピティナ』の美しいマイナー・キーのバリエーションの作詞をしたことから始まり、『アセンション・デー』という曲が出来上がった。他の新曲目は、『ザ・シャーペスト・ソーン』、『ブロークン・プロミス・ランド』『インターナショナル・エコー』等だ。ツーサンは、アトラクションとTKOホーンズと共にコステロのヨーコ・オノの『ウォーキング・オン・シン・アイス』の1983年カバーのプロデュースを手がけ、1989年にリリースされたコステロのアルバム『スパイク』の中の一曲で、ニューオーリーンズで収録した『ディープ・ダーク・ツル―ス・ミラー』にもピアノで参加している。フリケーン・カツリーナの直後、ツーサンはニューヨークに本拠地を移し、9月17日からの7日間の数回のコンサートとクラブのギグで二人は再開し、この新しいアルバムを作り出した。力強い歌の『ザ・リバー・イン・リバース』は2005年9月24日コステロによって書かれ、『パーティング・ザ・ウォーターズ』は、雑誌ニューヨーカーによって開催されたチャリティーイベントで初めて彼が披露した。

スポンサーサイト

2011/06/14 22:18 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。