スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  エラ・フィッツジェラルド,ルイ・アームストロング《エラ&ルイ》

ジャズ・ヴォーカルの女王とトランペット&ヴォーカルの王様が仲睦じく語り合う大物どうしの豪華なカップル。聴く者を楽しませるエンタテイナーとして、共に卓越したセンスと実力のキング&クイーンだけに、息の合った歌声を堪能できる。2人が本物の恋人のような雰囲気を醸し出しているのもいい。
〈パーソネル〉 エラ・フィッツジェラルド(vo) ルイ・アームストロング(vo, tp) オスカー・ピーターソン(p) ハーブ・エリス(g) レイ・ブラウン(b) バディ・リッチ(ds) ★1956年8月16日、ロサンゼルスにて録音




1. お友達になれない?
2. イズント・ジス・ア・ラヴリー・デイ
3. ヴァーモントの月
4. 誰も奪えぬこの思い
5. 青空の下で
6. テンダリー
7. 霧深き日
8. アラバマに星落ちて
9. チーク・トゥ・チーク
10. あなたのそばに
11. エイプリル・イン・パリ
imagesCAOIJXLD.jpg imagesCA8E4PMO.jpg

もちろん、ジャズの名盤であり、定番でもある。音楽的な出来、歌心、ジャズの全てがこの一枚にある。「テンダリー」「ヴァーモントの月」「4月のパリ」など名曲ばかり。オスカー・ピーターソン(ピアノ)ハーブ・エリス(ギター)、レイ・ブラウン(ベース)バディ-・リッチ(ドラム)と当時考えられる最高の面子。エラの声も若々しくハリがある。アームストロングのしわがれ声も悪声だが、しみじみと味がある。聴けば聴くほど好きになる一枚。この頃から60年末あたりまでが、ジャズの黄金時代。2人の代表作にして大傑作。

imagesCAXB4EY6.jpg imagesCAD7L3J4.jpg




スポンサーサイト

2011/06/20 22:57 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。