スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  ジェームス・ブラウン「Revolution Of The Mind: Live At The Apollo, Vol. III 」

従来のR&Bにアフリカ的なリズムやビートをもち込み、ファンクの世界を確立したといわれている彼は、ゴッドファーザーオブソウル、つまりはソウルの名づけ親とも呼ばれている。このことからもブラックミュージックシーンに、多大な影響を与えたキーマンであることがわかるだろう。
本作は「ゲロッパ」でおなじみの<3>などの名曲も収められた、JBの傑作の1つで、そのタイトルどおり革命的なことをやってのけてくれている。天才のやることは違う、と思わずにはいられない作品である。(春野丸緒)



1. Intro (It's A New Day So Let A Man Come In And Do The Popcorn)
2. Bewildered
3. Sex Machine
4. Escape-ism
5. Make It Funky
6. Try Me
7. Fast Medley: I Can't Stand It, Mother Popcorn, I Got The Feelin
8. Give It Up Or Turn It Loose
9. Call Me Super Bad
10. Get Up, Get Into It, Get Involved
11. Soul Power
12. Hot Pants (She Got To Use What She Got To Get What She Wants)

JBJ


JBのアポロ盤ですがあまり話題性にというか、結構持っていない人が多い気がします
JBフリークの私は当然持っていて初めて聴いた時は踊り疲れて自分のBASSの弦がぶち切れるぐらい狂気したと思います
良くこのアルバムをカセットに録音して近所のスタジオで個人練習に入ってカセット大音量&べーアン大音量でJBとセッションした記憶があります

是非機会があったら大音量FUNKパーティーをどうぞ!!
James+Brown+jamesbrowngettingdown.jpg

スポンサーサイト

2011/06/21 22:59 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。