スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚  jagatara「BEST OF JAGATARA ~西暦2000年分の反省」

曲が始まる前に、アケミさんと観客が
口ゲンカしてる様子が、かなり長く
収録されている「でも・デモ・DEMO」。
これが凄い!!

 jagatara.jpg

ディスク:1
1. LAST TANGO IN JUKU
2. でも・デモ・DEMO
3. BABY
4. クニナマシェ
5. 裸の王様
6. もうがまんできない
7. ゴーグル、それをしろ
8. 都市生活者の夜
ディスク:2
1. みちくさ
2. つながった世界 FUCK OFF!!NOSTRADAMUS
3. ある平凡な男の一日 A DAY IN THE LIFE OF A MAN
4. 中産階級ハーレム ~故ジョン・レノンと全フォーク・ミュージシャンに捧ぐ~ MIDDLE CLASS HARLEM
5. SUPER STAR?
6. そらそれ (MANTLE VERSION)
7. HEY SAY!(元年のドッジボール)

2009-06-26.jpg

もうやばいだろ!このアルバムは!
じゃがたらマニア以外にもロック&funk&SOULフアンは必須アイテム
パンクよりもパンクらしく
funkよりもFUNKらしく
SOULよりもディープで
フォークよりもメッセージがある
これはロックなのか?
形を変えた映画なのか?曲を聴いてると今まで想像した事のない画像が浮かぶ・・・・
別にラリってないぜ!
じゃがたらってるだけだぜ!
そんなバンドです
酒井ノリピーもバカなケミカルであぶってないで「じゃがたら」でも聴いていればそんなんなしで「サイバー」になれたのにね!
でも、健全な青少年少女の皆様・・・・
深入りはしないように
20090626182743.jpg

- じゃがたら JAGATARA -
<アケミが死んだ頃>
 JAGATARAのヴォーカリスト、江戸アケミが死んだことを、僕はしばらくの間知りませんでした。
 1990年1月27日自宅の浴槽で精神安定剤の飲み過ぎにより眠ったまま溺死。
 それはちょうど僕が十数年に渡る東京周辺での生活を終え、故郷の北海道に帰ってきた直後のことでした。生活がまったく変わってしまった僕にとって、しばらくは音楽の情報は縁遠いものになっていました。(おまけに、僕は結婚式も控えていました)後でよく考えてみると、僕が東京を去る直前に見た最後のライブにJAGATARAは出演しており、その二ヶ月後に江戸アケミはこの世を去っていたのでした。

<サリフ・ケイタの前座として>
 と言っても、僕が見た最初で最後の江戸アケミのステージは、JAGATARA単独のものではなくマリからやって来たカリスマ的ヴォーカリスト、サリフ・ケイタの前座としてのものでした。その上、彼らが前座として演奏することは事前に知らされていなかったはずです。会場の幕が上がると、江戸アケミの金髪の姿があり、あれっと思ったら、すぐに彼らのメジャー・デビュー・アルバム「それから」の中のナンバーが演奏され始めました。
 その時、アケミは「アフリカの偉大なヴォーカリスト、サリフ・ケイタの前に少しだけ歌わせてください」といった感じのすごく謙虚な挨拶をしたことを何となく憶えています。当時は、まだ珍しかった金髪でこわもての男の意外な真面目さに僕はちょっと驚きました。(もちろん、彼の歌が始まるとそんな生真面目さなど、どこかに吹き飛んでしまったのですが・・・)

<究極のダンス音楽、アフリカン・ポップスに挑んだ男>
 アフリカン・ポップスの現場、アフリカではコンサートの時間が2時間以下なんてものは、ほとんど存在しないといいます。朝まで踊るコンサートは珍しくなく、ひとつのバンドが4時間、5時間演奏するのは当然と言われています。さすがに、そんなパワフルな音楽の世界に挑んだ日本のバンドは、ほとんどいませんでした。(かつて、イカ天出身のKUSUKUSUというリンガラ系のバンドがありました。これはなかなか良かった!)
 そして、そのほんのわずかのバンドの中で、あまりに抜きん出た孤高とも言える存在、それがJAGATARAであり、それは江戸アケミという日本人離れした悲しすぎるほどパワフルな人物の存在なくしては、生まれ得なかったのかもしれません。

<暗黒バンド、じゃがたら>
 JAGATARAは、1979年に江戸アケミ(本名:江戸正孝)を中心に結成されたロック・バンドで、結成当初は「じゃがたらお春」と名乗っていました。その後「財団法人じゃがたら」、「暗黒大陸じゃがたら」と名前を変え、そのたびにその音楽性も変化、成長して行きました。
「財団法人じゃがたら」という名前からは、彼らがある種宗教的とも言える音楽、リズムによって身体を揺り動かし、精神を解放させようという目的を持っていたことがわかります。(それもけっして宗教法人ではないところがミソ。江戸は宗教が嫌いで、その代わりに音楽があると信じていました)
 「暗黒大陸じゃがたら」という名前には、ロック・バンドであった彼らが、ダンスの根元的文化が存在する土地、アフリカのダンス音楽へと方向転換したことが意思表明されていたのです。

<音楽集団じゃがたらへ>
 僕は、初期の頃彼らの噂だけは聞いていました。ステージ上でウンコをするわ、血を流すは、とにかく凄いらしいという評判でした。そんな噂だけを聞いていた僕は、彼らのことをてっきり前衛舞踏集団かなにかだと勘違いしていたほどです。有名な舞踏団、暗黒舞踏や大駱駝館などの一派の過激な奴だと思っていたわけです。多くの人にそんな誤解をされながらも、彼らは少しずつその音楽性を高めて行きました。
 デビュー・アルバムは、1982年の「南蛮渡来」、しだいにバンドは強力なホーン・セクションをもつアフロ・ファンク・バンドとしての陣容を固めつつありました。特に、その柱となったのが、ギタリストのOTOでした。彼の加入により、いよいよJAGATARAは、音楽性によって評価される一流のバンドになりました。(1985年からバンド名は「JAGATARA じゃがたら」になっています)

<心の病との闘い>
 しかし、1983年アケミは精神の病に冒され、バンドは活動不能の状況に追い込まれてしまいました。こうして、JAGATARAは、アケミを失ったまま活動休止に追い込まれ、3年に渡る長い空白期間が続きます。しかし、バンドは解散せず、メンバーは忍耐強くアケミの回復を待ちました。
 1985年には、入院中に外出許可を得て完成させたというアルバム「君と踊りあかそう日の出を見るまで」を発表。ついに彼が回復すると「裸の王様」、「ニセ予言者ども」と連続して、作品を発表し始めました。

<メジャー・デビュー>
 そして1989年、ついにメジャー・デビュー・アルバム「それから」が発表されます。江戸アケミは、この時36歳、遅まきながら彼はスタート・ラインに立つことができたのです。
 彼はため込んできたアイデアと体力と気力をそそぎ込むようにして、次なるアルバム「ごくつぶし」を発表。そこには、アフリカン・ポップスだけでなくラテン・ポップスのリズムも盛り込まれ、いよいよJAGATARAは、ワールド・ミュージック時代を代表するバンドとして活躍をするようになって行きました。
 たぶんアケミは、空白の3年間を埋めるため、そしてその間にため込まれたエネルギーを発散するため、病み上がりであることも忘れてがんばったに違いありません。

<英雄たちとの夢の共演>
 2枚のアルバムを発表したその年、彼らはすでに次のアルバムの録音を開始していました。それが、アケミの死後発表された「おあそび」(1990年)です。このアルバムには、南アのポップス、ムバカーンガを代表する大物アーティスト、マハラティーニ&マホテラ・クイーンズも参加。アケミは夢のデュエットを実現することができました。
 そして、僕が見たサリフ・ケイタのライブでも、彼は前座として共演することができたのですから・・・彼にとっては本当に幸福な日々が続いていたに違いありません。(それは1989年5月ごろのこと)
 しかし、彼の死のことを思うと、一概にそうは言えないのかもしれません。突然彼の生はぷっつりと終わりを向かえてしまったのです。それは、コンサートから2月とたたない翌年1月のことでした。

<黄色い呪術師>
 けっして、サリフ・ケイタのような素晴らしい歌唱力を持っていたわけではないかもしれません。もちろん、マハラティーニのような大地のように重く響く声を持っていたわけでもありません。彼の歌はアフリカン・ポップスのリズムを兼ね備えてはいても、そこに歌われていたのは、やはりロック的な歌詞でした。世の中の異常さを暴き出し、糾弾し、追求し、その大掃除を人々に呼びかける。それが彼のメッセージであり、ロックと言う音楽が昔から歌詞に込めていた内容でもありました。
 JAGATARAの音楽は、アフリカのリズムによる肉体の解放とロックのメッセージによる魂の解放、その二つを同時に追求するものだったのかもしれません。彼は黄色い呪術師だったのです。

<心の救済者>
 彼は腐りきった現代社会を救いたかったのです。しかし、彼は宗教家にはなりたくなかったし、救い主なんていう柄でもありませんでした。では、自分には何ができるのか?そんなあまりに純粋な目的のために彼は身も心も削り続けていたに違いありません。しかし、彼の歌声には、そんな心の悩みは微塵も感じられません。それどころか、常に我々を叱咤激励してくれるのです。
 江戸アケミ享年36歳。あれからもう10年以上の時がたち、僕はもう40を過ぎてしまいました。それでも、こうやってしつこくJAGATARAのようなアーティストのことを世の中に紹介する地道な作業をしているのは、やっぱり命をかけて歌っていた江戸アケミのような人がいたからかもしれません

http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/jagatara.htm



スポンサーサイト

2011/06/22 21:58 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。