スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

今宵の1枚 ザ・ローリング・ストーンズ「レット・イット・ブリード」

1969年、謎の死を遂げるメンバーのブライアン・ジョーンズが在籍する最後のアルバム。その悲劇を象徴するような不吉な雰囲気のオープニング<1>で始まるこのアルバムは、バンドの過渡期のものにかかわらず大傑作。本当にむなしいロバート・ジョンソンのカヴァー<2>、カントリー風に料理された<3>、キースによるベースが先導するスワンプ色濃厚でファンキーな<4>、同じくキースのギターがリズム・スライドで大活躍の<8>、意外な人脈のゲストのアル・クーパーが参加する、ゴスペル・ソウル色が濃厚な<9>など、聴きどころが満載。(麻路 稔)
内容(「CDジャーナル」データベースより)
1969年11月リリースの米国14枚目。制作時の脱退問題でブライアンが2曲、新加入のミック・テイラーが2曲で参加している。ライ・クーダーやレオン・ラッセルといったメンバーが参加。

 img26c04be8zik5zj.jpg

1.ギミー・シェルター - Gimme Shelter 4:31
メリー・クレイトンがバッキング・ヴォーカルで参加。
2.むなしき愛 - Love In Vain (Robert Johnson) 4:19
ライ・クーダーがマンドリンで参加。
3.カントリー・ホンク - Country Honk 3:07
4.リブ・ウィズ・ミー - Live With Me 3:33
レオン・ラッセル、ニッキー・ホプキンスがピアノで参加。
5.レット・イット・ブリード - Let It Bleed 5:28
6.ミッドナイト・ランブラー - Midnight Rambler 6:53
7.ユー・ガット・ザ・シルバー - You Got The Silver 2:50
キース・リチャード初のリード・ヴォーカル曲。上記二曲はブライアン・ジョーンズ最後の参加作品。
8.モンキー・マン - Monkey Man 4:11
9.無情の世界 - You Can't Always Get What You Want 7:29
ジミー・ミラーがドラム、アル・クーパーがフレンチ・ホーン、ピアノ、オルガンで参加。

rolling_stones_1969-thumbnail2.jpg

ついに来ました!親分達の大名盤です
このタイトル曲は私のストーンズの中で一番のごひいき曲でござんす

その曲名からして同時期のビートルズが大ヒットさせた「Let It Be」を連想しますが、もちろん公式にはこちらが先に出てます。
「血を流せ」という曲名は、この年7月のブライアン・ジョーンズの死、そして有名な12月の「オルタモントの悲劇」があるので・・・・シャレになってないって感じ。歌詞の内容もコカイン中毒・セックスを超越した人喰い願望など・・
全体のサウンドは変に哀愁を感じるアコギとピアノをバーンと出したスワンプな感じがいいっすね
アメリカ南部の風に包まれてエグイ歌詞で一杯♪ 
英語が完璧に分からない日本でもしっかりシングルカット
ザマーミロって感じです♥

ギターパートはキース・リチャーズの一人です
緩めスライドギターが良い感じ♪
ブライアン・ジョーンズだったらもっとブルージーかインドチック?かも
イアン・スチュアートのピアノもコロコロ気持ちよく、チャーリー腰に来る重いビートもグッド
絶妙のバランスの逸品でござんすね

rolling_stones-1969.jpg











スポンサーサイト

2011/07/05 22:16 | COMMENT(6)TRACKBACK(0)

コメント

SNAKEさん。今日は.レット・イット・ブリードのみゴチです。

自分の記事の更新にも手間取りましたんで。

このアルバムは良く聴きましたね。
「ギミー・シェルター」は今になって思えば、
この国の未来を歌っていたんでしょうか?

ブライアン・ジョーンズファンとしては
少し寂しいんですが、それでもロックなこのアルバム
ストーンズの名盤です!

No:76 2011/07/06 01:40 | ヘタリカ #- URL編集 ]

ヘタリカさん
どうも
確かに今の日本はギミーシェルター状態ですね
1日を大切にして行きたいと思います
今度ストーンズはHAPPYを紹介したいと思います
SNAKE

No:77 2011/07/06 06:04 | SNAKE #- URL編集 ]

俺も死ぬほど聴き倒しましたぜ。
コピーも随分したなあ。

No:78 2011/07/06 19:42 | Rumble トシ #r6uSoc5A URL [ 編集 ]

ランブルトシさんどうも!
機会見つけてストーンズセッションとか出来たらいいですね
ストーンズ飲みでもOKっす!
SNAKE

No:79 2011/07/06 20:08 | SNAKE #- URL編集 ]

このアルバム、たまりませんね。
レット・イット・ブリードはそんな歌詞だったんですね。
歌詞カード見直してみました。ほんとだ、エグイ(笑)

No:80 2011/07/06 20:58 | アナログおじさん #- URL編集 ]

おじさん
どうも!
ストーンズは歌詞も凄いですがメロディーや各パートの組み立てが凄いですね
アイデアマンの集まりですね
アコースティック楽器でいろんな表情を出してきますよね
研究家なんだろうな・・・・・・・

No:81 2011/07/06 21:09 | SNAKE #- URL編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。