スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

少年…《浅川マキ》



フォーク・JAZZ・ブルースなどでアンダーグラウンドの女王的な存在だったマキ姐さんの名曲「少年」です

このシングル盤は18歳の時に中古盤で購入
レコードは赤盤だった

ビビった・・・・
当時パンクなどにも一生懸命ハマっていてアンダーグランウド的なものやなんか屈折したものなど好んで聴いていたが「全部吹っ飛んだ」

とにかく写真等で見たマキ姐さんの恐ろしいほどクールな感じ
また、見た写真の90%が白黒写真

この少年はフォークのマキ姐さんの名曲として永遠に語られて行く曲でしょう
浅川


「少年」

夕暮れの風が ほほを撫でる
いつもの店に 行くのさ
仲のいい友達も 少しは出来て
そう捨てたもんじゃない

さして大きな 出来事もなく
あのひとは いつだってやさしいよ
何処で暮らしても 同じだろうと
わたしは思っているのさ

なのに どうしてか知らない
こんなに 切なくなって
町で一番高い丘へ 駆けてくころは
ほんとに泣きたいぐらいだよ


スポンサーサイト

2011/07/09 12:52 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。